タントをさっそくDIYカスタムしました。

まず、納車されたときのデフォルトタント

まあこんな感じ






ネット通販で3000円のエプロンシート
※これは実はフロント座席用
それを、リアに取付、案外すんなりとサイズぴったしだった。


薄青のタントです。

兎に角、明るく暖色系にまとめました。

夜だとこんな感じです。

フロアライトは、LEDホワイトを選択しました。

寒色系の青色LEDは、どちらかと言うと嫌いなもので



それではDIYカスタム作業メニュー






青が嫌いといいつつ

けっきょく青LEDを車内に2箇所増設

一つは、車のフロントガラスの端っこ側



外に向けて青LED照射
※外にむけて!です。


なぜ?こんな事をしたのか?というと

リモコンで

離れた場所からエンジン始動したとき、

本当にエンジン始動したのか?

それを確認するための青LEDです。



我が家では、けっこう重要。

なぜなら、家の中とタント駐車場の距離がそこそこ離れており、

エンジン音だけでは

確認 判断するのが難しい。


まぁ「問題なくエンジンかかってる」と思えばそれで済むけど、

アンサーバックがないと、やはり不安です。

実際、操作ミスすると遠隔エンジンスタートは行われません。

リモートでの遠隔スタートは

「鍵キーの閉ボタンを1秒おきに3回押します
※3回目は長め」

この操作で、

遠隔リモートでエンジンを始動します。が

この操作をミスったのか?

成功したのか?
 がわからないんです。


夜ならばエンジン音が聞こえなくないけど
昼だと、かなり耳を澄まさないと聞こえない。

なので、

エンジンが始動すると

青LEDがつくようにカスタマイズしました。

これで、一目瞭然でエンジンがかかったことが視覚的にわかります。





ついでに、グローブボックスの中も青LEDで光らせて

夜でも、中が明るく光るようにしてます。

これらの電源は、ヒューズボックスのシガーソケット配線から電源取りをしています。

ボックスの開け閉め時に、線が絡まないように注意して配線。

ここまでやると

ほぼ業者取付と変わらんけどね。


けっこう面倒だったよ。

うちのタント、受注生産の対象車になってしまい

ひたすら待ち遠しいタント

日曜日にやっと納車です。


楽しみ

子供が喜びそうな仕掛けも入れといたし♪

暑い夏とか

寒い冬には

とても便利な、リモコンエンジンスタート付き

見積もり184万円に、3万円オプションを加えて

残価設定ローン利息が合計で約9万

なんだかんだで合計約200万

頭金103万円
5年間のローン支払額月々8,600円づつ、ボーナス支払いなし
5年後に約41万2千円一括支払いするか
5年後に、41万円支払わずに、また新車に乗り換え?プランループ




タントって高いよ。

突然ですが、タントを残価設定型5年の分割で買うことを決めました。

来年から軽自動車税がまたもや変わるらしく

おまけに、タント新モデルの登場で値段もあがるような噂もあって

現行型で十分だろうと、

見積もり をお願いしました ↓



これに諸費用と下取り値引きで 計184万円


買うなら今なんです

タントは5年後残価が約41万円らしく

今乗っているエッセを下取りしてもらって
頭金はふつうぐらいに割り当てて

残価設定型にて

見積もりを作ってもらったところ、5年間で月々支払が8,600円

【画像】



じつはこの月額支払はなんと、実質0円

数ヶ月前に、家のネット回線やスマホ料金に
合計で毎月15,000円で払っていたものを、
すべて格安SIMに乗り換えて
家で使うネット回線すらも、格安SIMへ変更して

合計3,780円に節約
おかげで11,300円くらい毎月浮いたわけで

これと差し引くと、実質0円だと思い込んでタント買おうと決心。



続く


新しいサブ持ちスマホ買ったんだけど

フレームレスって、カメラの使い方、次元が変わってくるね。

カメラで撮ったものが即座に

まるでもうプリント写真です。





カメラで撮る→プリント→紙写真として楽しむ

これが

カメラ撮ってすぐ

紙プリント写真を楽しむようなダイレクト感で

次元の違う世界を体感しましたよ。




とは言え、ご覧のとおり↑


横から見るとけっこう厚みあります。

レンズ効果を出すための理由らしいですが

液晶アクリルもけっこうな厚さ。


そして縁が無いため、操作しづらい

操作しづらいのは、

最近の手のひらに収まりきれない巨大スマホのせいもあると思う。






しかし、車に取り付けると

デカさとフレームレスはもはや神!

ナビ機能
バックカメラ機能
デジタル速度メーター

操作性も視界性もなかなか良い。





カメラ機として使うには

カメラ性能と液晶ディスプレイには癖があります。


まず、

カメラ画素センサーが小さいようです。

標準カメラアプリでは細かい設定ができるので、

1.1980x1080解像度を選ぶ。

2.部屋の中では、ISO100または200を手動で選ぶ。

この2点を行えば

解像度は落ちるけど画質は上がります。



色発色が独特な件。。

3.AndroidOS設定のほうで液晶ディスプレイの画質設定は「ナチュラル」を選ぶ。

これでiPhone並に自然に使えます。




総合的に

わりと良い買い物だった気がします。 ↓




ただ、デカイ!

この記事は、→新しい記事で完結編を書いてます。


前回の続きですが、配線不要のIPバックカメラ。

イイです!この簡単さには我ながら驚いたよ。



ご覧のとおり、

ビデオ配線等は

本当に一切何もありません!

電波映像です。


スマホを運転席のスマホホルダーに、

ポン置き固定してあるだけ。

充電すらもしてません。

本体バッテリーだけで

4~5時間くらいは余裕で大丈夫そうです。


バックカメラ側ですが、

こちらも配線は何もありません。



車ボディーのリア中央付近に

中古1400円スマホを

吸盤式ホルダーで固定してあるだけ。

こちらも充電すらしてません。

本体バッテリーだけで

4~5時間くらいは大丈夫そうです。


私の場合は、

コペンに毎日乗るわけでないので

フル充電後の中古スマホを

リアの吸盤式ホルダーに固定してドライブへ出かけるので、毎回ポン付けで問題ないです。



ただ、これが普通の常乗用車でしたら

毎日乗るわけですから

さすがにリア側は充電式にしてスマホ固定するのが望ましいでしょう。


というか、

車体パーツを分解して内部配線して

バックカメラを本格的に取付たほうが良い気もします。



しかし、世の中には趣味車と呼ばれる車の所持

あまり分解やら内部配線をしたくない。

ボディーに穴あけ加工はしたくない。

などの理由で、バックカメラを断念する場合があって

そんな人には、

安い中古スマホを利用して、

IPカメラ技術で

運転席のスマホへIPカメラ映像をWiFi接続にて映し出すやり方がオススメです。

セカンダリーカウント:
menu_title