世の中には、不思議なことがある。

怪奇現象、心霊現象などと

ほんとか嘘か、人はときに不思議なことに出ぐわす。


深夜も奥深く、

それは突然に


夜中に一人で仕事をしていると、

古いスピーカー切断されてるはずの、屋内防災専用スピーカー(天井あたりに付いてるやつ)

から、突然、空襲警報が鳴った。

音が鳴ったんじゃなく、喋り声の空襲警報だ。雑音混じりの危険を感じる警報連絡が鳴る。


驚いた。焦った。

まるで、テレビ番組ドラマの「シグナル」だったんだ。

タイムスリップしたのか?と、、

この話は、もう7年も前のことだ、、

こんな話、誰も信じなかった。

そりゃそうだ。目でみて線が切断されたスピーカーから警報が鳴るなんて、、


しかし、1回でなく3回ぐらい経験したのだ

3回もあれば、奇跡を通り越して確信的な事例である。

かならず理由がある。

そう!!

トラックドライバーの「違法無線」だ。

なんで、こんな記事を書いたのか?というと、最近、USBスピーカーから

テレビの「シグナル」みたいに空襲警報がしょっちゅう鳴る。

マイク付きUSBスピーカーなら

会話できそうな勢いでしっかりと喋る


この

トラックドライバーの「違法無線」は電波が強くて、電気機器を狂わる。

電気機器に奇々怪々な障害を起こす。

無線マウスや無線キーボードが一時的突然に動きがおかしくなるとか


ゴミスピーカーから空襲警報のような喋り声を出すなど、、

ほんと迷惑な、糞ドライバーども、、法を守れよバカタレ!


話を戻すと

心霊現象や、怪奇現象なんて、謎をとけばこんなもの

原理を知っていれば、なんてことない話

心霊写真なんか、カメラの理屈を知れば、笑い話、例えば「オーブ」ね笑


オーブは ホコリ+フラッシュ反射

ほとんどは空気中の「ホコリ」、レンズに付着のゴミかもしれんけど


心霊写真は、フォトショップ加工して作るか、カメラ原理による撮影結果か?どっちかしかない。

この世に不思議なんてない。

不思議なんてものは、調べれば、かならず答えにたどり着く。

カメラに詳しくなってからは心霊写真を見ると、ほんと笑えます。

写真が笑えるんじゃなく

心霊写真に書いてある解説が笑える。

よくもまあ、あんな嘘っぱち、と、御託を並べて書くものだ、、と笑えるのです。


しかし

宇宙人とかは 信じれるタイプです。

テレパシーだとか霊感だとか、、そういうものは信じれる。

テレパシーは、一種の、信号伝達の一種、それら仕組みであるからして、

虫や動物が、振動による周波数や、分泌物や、超音波、いろんな手段で、会話をするとしたら

人から見れば、テレパシーだし、


実際のところ、脳テレパシーも何らかの媒体や、エネルギーを通す、信号伝達だろう。

こっちの不思議系は、いわゆる知識の差から生まれる不思議系であって、人の理解を超えてるだけの話だ。



UFOを見れば、それは、姿と形と動きが人の理解を超えるから、人は

知りうる現代テクノロジーを超えるものを見て

怪奇現象!と思われがちだが

そんなものは、現代のスマホをサムライ戦国時代を生きる人達へ持っていき見せれば、怪奇現象だと言うのと同じで

100年前の人間にたいして

モバイル型の手のひらサイズの超小型プロジェクターはどうか?

サイコロみたいな装置から出る映像を、織田信長に見せていたら、日本はどうなったことか?

宇宙人「地球人と別の知的生命体」は、実際にいるかもしれないし、信じるに値するものだと言える。


話を戻すと

糞ドライバーたち 違法無線はやめろ!


スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://mika5555.blog17.fc2.com/tb.php/592-42d0afe3

セカンダリーカウント:
menu_title