昔ながらの古いPTA保護者会は、糞以上だ!

自分の時間や子供と接する時間を、保護者会PTAが奪っていく

何のために悪の集会をやってんの?


全国的に改善されつつあるPTA

訴訟も多いPTA



保護者会とは何なのか?

本当の意味の存立とは



PTAトップと学校とか、古いお局役員が 独裁活動をするんじゃなくて

強制入会を盾に、PTAの存立を目指すのでなくて


自由入会をあえて表にだして

お局役員も会員も学校も、非加入者に対して、あえて低姿勢になり、入会の共感からを先ず考える。


子供たちのための会、、は もとより

まず第一は、保護者に入会してもらえるよう、そこを努力する

その努力の基盤があって、そのうえで子供たちの育ちゆく道を、共に一緒に歩むPTA会

子供たちの育つ お手伝いをする会であれば

自由入会でも

存立豊かに年々と繋がるのでなかろうか。。と



行事をたくさん作るとか、考えるとか、活動のアピールなんかよりも、まず先に

毎年、新しい保護者が入会したくなるようなアピールを考え、

それを目指して

保護者の入会したい 共感を第一にする。


もっと気軽な気持ちで入会したいと思うような雰囲気を作って


種をまいておけば

やがて花が咲き

子供たちは、その花を見て、喜ぶんじゃないでしょうか?


子供たちの花は、保護者の入会という名のタネをまかないことには 咲きません。

入会したいと思う共感が第一であればこそ、保護者会の活動は豊かになっていく


私は、そう解きました。

そう考えた時、


強制入会の盾が、花を咲かせるでしょうか?

馬鹿みたいに多い行事作れば、花が咲くでしょうか?

古いお局役員の独裁主義でやっていけば、花は咲くのか?

非加入世帯を精神的に潰すような保護者会が、共感されて花が咲くのでしょうか?


まずは、共感し入会してもらう種が必要です。。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mika5555.blog17.fc2.com/tb.php/573-8725f484

セカンダリーカウント:
menu_title