シュレッダー処分は大げさな表現だけど、、

要らんだろこんな番号!



余計なことばかりする国


2018年からは銀行口座とマイナンバーを紐付け作業

国は、誰がどれだけお金持っているのか正確に

毎年、どれだけ収入あるのか監視

給与以外の雑収入も副収入もすべてを監視

税金を1円でも多く吸上げようとする腐った根性どうにかならんのか!


それを具現化するためのマイナンバーカード

税金を1円でも多く納めるため

マイナンバーをあらゆる所で記載する面倒くさ~い手続きが増えたその負担は国民へお願い


ほんと迷惑な話



2018年、銀行口座への紐付け制度が

始まる前に

銀行口座を、よく多くの銀行へ余裕を持って一人2冊ぐらい

家族分、子供分、作っておくといいかもね


さすがの銀行も過去の通帳に対しては

マイナンバーの確認の連絡はするかもけど

それを、すっぽかした所で

銀行側から口座解約させて

まで強硬な措置とらないだろう。


ところがどっこい、

2018年以降の、

口座紐付け制度が始まってから新規口座を作れば

作る段階でマイナンバーを確認されて

その結果

過去の通帳口座に対して一瞬ですべて紐付けが完了するだろう。

それはシステム上で簡単なこと。


つまり

2018年以降はうかつに新規口座を作れん。

私は、脱税はしとらんけど

かと言って、

国に預金金額までデータ化されて

把握管理されるのは、なんとも気持ち悪い。



このマイナンバー制度は

ビッグデータを悪い方に使ってるとしか思えない



もしも、ビッグデータを良い方へ使うなら

例えば、税金控除額を

マイナンバーと生活支出の勘定科目が紐付けされることで

控除対象額を自動的に収集して

毎年、自ら申請しなくても勝手に漏れなく、次々とあらゆる税金控除される仕組みなど。

いろいろあったろうに、、



国は、お金を取ることしか考えていないのだ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mika5555.blog17.fc2.com/tb.php/552-8eaf845c

セカンダリーカウント:
menu_title