最近、車の形したマウスを買いました。

ポルシェ風のマウス

ほどよい丸みで、手にフィット

普通のマウスとなんら変わらぬ感触↓



青LEDで光るヘッドライト


横からはこんな感じ↓



この、2枚の写真は、スマホで撮ってるけど

じつは写真の品質向上を施してる。

ブログにうpすると画像が圧縮されるので

その時点で汚くなるけど

オリジナル元データと、品質向上版の拡大写真を2つ載せます。
※オリジナルデータ比較なら、もっと差がわかる



【品質向上画像】 弱ノイズ除去→弱シャープ→弱ノイズ除去の順

【オリジナル】  ちょと汚ない


【品質向上画像】 弱ノイズ除去→弱シャープ→弱ノイズ除去

【オリジナル】  ちょと汚ない



どうやらデジカメってやつはイメージセンサーの違いもさることながら

画像処理エンジンも重要らしい

iPhoneで同じことをやってみたのが


デジカメのRAWソース画像を見たことないけど

カメラメーカーの

画像処理エンジンは

色の補正やら、平均化やら、ノイズ除去やら

けっこういろんな事をやって綺麗な写真をアウトプットしてるんだと思う。




次に、わざと露出アンダー撮影して画像処理の例

背景の白飛びを抑える効果

この構図を撮ってみればわかるはずけど、スマホ撮影でこれは上出来な仕上がり。

後ろはかなり強い日差しあり。

【品質向上】 シャドウ補正→弱ノイズ除去→弱シャープ→弱ノイズ除去、5S


光量差が極端なショット場は

そういう場で撮るときには

あとで補正するのを逆算した露出で撮るよう心掛けると良い写真が残せますね。







スマホ全般にいえることだろうけど

光量が平均的にあたってる場では

そういうショット場はわりと綺麗にとれる。

嫁、iPhone5Cで撮ったやつ1枚

【ちなみに無加工】、服が白飛び。アンダー気味に撮って画像処理すればだいぶ違う例。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mika5555.blog17.fc2.com/tb.php/547-5da4dd5f

セカンダリーカウント:
menu_title