たまには645Pro以外のアプリ、iPhone5SのProCameraで撮ってみました!
42mm~44mm 画角で
※iPhone5S以降は1.4~1.5倍ズーム
※iPhone5、5C以前は1.3~1.4ズームで撮影すると
いつもと違う写真が撮れるよ。


【iPhone5S, ProCamera, x1.5, 44mm, ISO80, ss1/4, シャドウ+0.66】


スマホ全般に同じことを言えると思うけど

昼、夜、室内、夜景

のシチュエーション

あらゆる場面で通用するテクニックとして

ISO感度を下げて

シャッター速度を遅く、明るく撮影するってのは

カメラ界の常識だろうけどさ


【iPhone5S, ProCamera, x1.5, 44mm, ISO80, ss1/4, シャドウ+0.66】

これは知ってるだろうか?

あえてシャッター速度を速くして暗めに撮影

ちょっと暗めの露出で撮影

ヒストグラムで言うと平均的な分布になってるのかもしれない

後から補正で戻すやり方

ついでに言えば、

晴天、屋外、明るさの確保されてる場所の撮影ならば

iPhone標準カメラってわりとその暗め側で撮影されてることにも気づいた。


【iPhone5S, ProCamera, x1.5, 44mm, ISO80, ss1/4, シャドウ+0.66】

↑ 3つの猫の写真は、

窓の街の灯りが綺麗に色が残ってるでしょう?



たとえば、↓このトヨタ2000GTは

レーシングホワイトという黄ばんだ紙のようなホワイトなんだけど

これを写真に撮るときに

トヨタ2000GTの色を忠実に撮ろうとすればするほど

周りが暗くなる。

周りの明るさを適正にしようとすれば

トヨタ2000GTが色が真っ白に飛ぶ!



【iPhone5S, ProCamera, x1.5, 43mm, ISO80, ss1/20, シャドウ+0.39】

そこで、レーシングホワイトの色が

最も忠実になるシャッター速度

ISOの最良値で写真をとって

周りの暗い部分をシャドウ値の補正で普通の明るさ戻すと、こういう写真になる。

見たままの色を忠実に、、


ちなみに、こんな小細工をしないで

苦労もなしに、見たまんまが撮れるのが

一眼レフや

コンデジなんだろうな、、?って

予想外


【Canon SX50HS, 35mm換算は不明33.157mm, ISO320, ss1/5, シャドウ+0.83】



マニュアル撮影モードで同じ方法で

やや暗く撮って

あとから同じシャドウ値の補正をかけたのに

F3.2の暗いレンズも相まってシャッター速度も遅いのもあって

あんまし、

いい写真にならなかったよ


なぜ?

コンデジはやっぱオート撮影かな?


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mika5555.blog17.fc2.com/tb.php/537-2f8a67fb

セカンダリーカウント:
menu_title