凄いの発見 ↓↓



iPhoneは付属ヘッドホンを繋げればボリュームボタンがリモートシャッターというのは知ってますか?

iPhoneで自分を撮影とか、
家族と一緒に自分も入って撮影とか、、
そういうシチュエーションではリモコンシャッターは便利です。
しかし、、ヘッドホンだと長さは限られる。

そんな時はBluetooth無線式のリモコンシャッターを、10m先からでもシャッターを押せます。


あ!iPhone5S買いました!

嫁さんにもiPhone5Cを買いました
娘のおもちゃにiPhone3Gも購入
やっと私も、iPhone3G、3GS、4、4S、5、5S、5Cと日本発売の歴代iPhone全機種をコンプリート ↓



 まず、最初にするのはフラッシュを白紙で覆うのです

こうすることでフラッシュを使った写真が劇的によくなります


実際に撮って画像を比較すれば一目瞭然ですね ↓フラッシュ撮影で写真が焦げちゃう経験はないですか?

白紙なしバージョン、これは嫁のiPhone5C


白紙で覆った写真、私の改造したiPhone5s


※白紙を貼ることで背景が黒く焦げつかない。軽減される効果あり
写真に詳しい人ならその理由はわかるはず。 ほとんど撮影ケースにおいて白紙で覆ったほうが綺麗です。

そもそも なぜ、明るい場所でフラッシュを使うのか? それは次回に詳しく、、
私は夜の室内という条件で被写体の光沢を出したい時などフラッシュ使います。
レモン撮影ならフラッシュは使わないで↓のように
マニュアル撮影でフラッシュなし、ISO32 SS1/13 29mm F2.2 EV7.62

iPhone5s、645Proアプリ MFモード、ISO,SS Manual、6x7pack Red4% C1film


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mika5555.blog17.fc2.com/tb.php/498-e83293ab

セカンダリーカウント:
menu_title