こんな作り方もあるのか!、、ネットワークカメラ便利すぎ。

嫁の反対を押し切ってネットワークカメラをまたも購入!

外出先から猫の様子が見れるのは嬉しい。


猫を飼ってる人ならわかるでしょう。

カメラ自体は5,000円の激安品Tenvis製。

安くても上下左右リモートで動かせますから撮影範囲はかなり広いです。

→こちらの過去記事で詳しく書いてます。


↓こんな赤ちゃん見守り用もありますよ。




今回は、このtenvis製カメラ用のビューアHPをDIY自作します。

自分で作れば勝手がきく、そこがDIYの醍醐味

もともとDIY自作しなくても付属品で見れるんですが、付属ビューアは使いにくい。

汎用系ビューアも、多数の機種をカバーし過ぎてビューア安定性が悪いとか

拡大縮小ができないとか

カメラ数が増えるとやはり一括管理で見て操作をしたいが、そうなると使い難い付属ビューアを使うはめに、、

などなど、



↑自分の要求を満たすビューアをホームページ作成の感覚でHP「icatcam」を作ってみた。
※IPカメラに詳しければTenvis以外も使えます。
※スマホの場合はボタンをやや長めタッチで反応。

http://icatpad.web.fc2.com/icatcam/
このHPをブックマークでホーム画面に登録すると、こんな感じに「猫 WiFi」なアイコン登録がされる。




ビューアHPアプリを自分で作ると聞けば難しそうだが、映像だけなら実は簡単です

ブログやってる人なら画像リンクアドレス貼ればHPに画像出てくること誰でも知ってるでしょう。
原理はコレです。tenvis製に限らず、どのネットワークカメラもカメラがリアルタイム撮影した保存された画像URLが存在します。
それをHPに貼ればカメラ画像が出てくる仕掛けです。
なので、静止画ならURLをブログに貼り付けるだけで、たったそれだけでカメラ画像がブログに出てきます。
もちろんそのときユーザ名とパスワードが必要ですが、この情報もURLに組み込む事が可能なのです。
※一部の機種やファームverだと画像URLにパスワード無効なカメラあります。Tenvis製も他社製も、、むやみにグローバルIPやドメイン名ポート番号は他人に教えないこと。
カメラを動かすには、これもURLがあるんです。そのリンクを貼ってそこをクリックすればカメラが動きます。



布団で一緒に寝てる猫みゃこ撮影。
なかなか手持ちカメラで撮れない構図。


実際のところネットワークカメラはとてもシンプルな構造です。
音声と動画を同期させながら再生となると面倒臭いので割愛します。


「icatcam」Webアプリの特徴

ブラウザIE9以降、Mac10.7以降のSafari、iPhoneのSafari、Android※はGoogleChrome推奨、これらのブラウザで動作。
1.ユーザ名、パスワード情報は、あなたの使う端末内のクッキー情報に保管されます。
※当然ですが、端末クッキー履歴の消去やクッキー禁止の設定してると情報は一切残らないのでHP閉じたら一切すべて消える。
2.動画コマ数は1秒に2~5フレーム数、遅いです。パケット節約仕様
3.Webページなので拡大縮小が自由
4.6カメラ一括管理で、カメラ1枠にそれぞれ操作ボタンがある
5.カメラ好きな私が好むようなデザイン、黒白赤フレームでファインダーっぽい細い線のデザイン採用。
6.パケット節約、速度向上のための「一時切断/再接続」ボタンあり。
7.解像度変更ボタン
8.記憶されたポジションへ移動起動
9.初期化コマンド最大3つ登録
10.「ローカル接続」「外出先から接続」が選べる。他ビューアに類を見ない機能。
11、端末リセット再起動ボタン。

※10はけっこう大切で、家の中で見る場合と外出先から見る場合ではIPカメラへのアクセスアドレスを変更しないといけません。プロシキ経由で見る方法もあるけど、汎用系ビューアだと、外出先と家の中の2つ分をカメラ登録するなんてまぬけな話も珍しくないのです。DIYアプリですべて解決!


↓こんな、マイクみたいなIPカメラもある



↓こちらは黒バージョン



次回は、Tenvis製がよくレビューで叩かれてる内容「動かない、設定できない、画像が半分で切れた、フリーズする、WiFi繋がらない」などなどの原因と対策方法について書いてみる。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mika5555.blog17.fc2.com/tb.php/470-5d37be88

セカンダリーカウント:
menu_title