いざ食器洗い機を買ったものの、設置するのは場所さえあれば簡単だけど
一番の問題になるのは給水
給水パイプを繋ぐ作業が困難
それこそが、据え置き食器洗い機が売れない原因でしょうね。

兎にも角にもそこが一番の

しかし、どうにか簡単に取り急ぎ食器洗い機を繋いで試してみたい!
とか、皆さん思いませんか?
私は、そう思いました!
実は、500円ほどのコネクターを買えばできるんです!

コレを↓知らないと損です。

これで水栓蛇口にポン!っと繋がります。



この手のコネクターを利用して、
さらに給水ポンプ「お風呂の残り水を洗濯機に吸い上げる1500円程度の給水ポンプ」
と組み合わせれば、台所にバケツ置いてそこから給水もできますよ!
給水パイプの問題は、見た目を気にしないなら安上がりに簡単な色んな方法があるんですよ。

さて

それで、食器洗い機の動くことを確認して、
無人君で、食器が綺麗に洗える便利さ!などを確認できたならば、
今度は、日常的にパパパといつでも使える状態にしたくなります。

結局は、キッチンの水道栓を交換するハメになります。

そのとき買うのはコレ ↓ 接続パイプやら何やらぜんぶ一式セット ↓

食器洗い機への分岐水栓が横から出てるやつ

さすがに15,000円「送料無料,税込み」ほどします!
キッチン水栓のまるごと本体 + 分岐水栓が1つ付いたパック商品です。
LIXILメーカー製で、左右に分岐水栓を付けることができて、最大で2つ分岐できるよう。



【 自分で、実際に取り付けてみた写真 】


ただ皆さんに、一つ言いたいことは、
古いキッチン水栓をそのまま利用、上蓋を分解して分岐口をハメ込むやり方
それは絶対やめておいたほうがよいです。

まるごと交換しちゃう方がよい。
意外と、まるごと取替のほうが簡単なんです。
私は、それが最良だと考えて、まるごと交換の道を選びました。


もし、古いキッチン水栓を分解しようとすると、専用工具やら後付挿入部品やら金が、、
金をドブに捨てる、いばらの道に、、
さらには、キッチン水栓の土台部分がくるくる回って蓋が外せない。分解できないなど
仮に、専用工具を買っても、それで蓋が外せても、力をかけてモーターレンチで蓋を外したならば

例えば、こうなります。


【 廃棄した古い土台 の裏パッキン写真 】

古いものを無理に分解しようとすれば、キッチン水栓の土台パッキンに「破損または亀裂」が発生して、
そこからキッチン内部構造への水漏れ。なんてことも、、
写真の古い土台底に付いてる黒いものがパッキンです。
水漏れは、やがて床下やキッチン内部構造物をサビや湿気で腐食させて、キッチン全体が痛むことも、、


だから、皆さんへ強く言いたいです。
食器洗い機を導入する方は、キッチン水栓を
まるごと交換しちゃって下さい。
それが一番よい方法です!とね。


スポンサーサイト

セカンダリーカウント:
menu_title