電力ワットチェッカーなる商品↓を買いました。



送料込み2000円程度の商品なんですけど

電気の使った量が明確化されるし

円での料金の表示もできるすぐれもの

さっそく調べてみたよ!


まず電気料金の単純な計算方法はこうです。

月額料金は、こんなふうに算出できます。

平均値の使用ワット数÷1000
x 1日の使用時間 x 30日数
x KhW 単価(うちは約26円)
 ※単価好きに設定して下さい。だいたい22~25円だと思います。



それぞの電気製品の平均使用ワットおよび1日の運転時間を調べれば

月の電気料金の概算を求めることが可能です。


我が家の場合はこうです。

電力使いすぎた例



改良案
 ( 暖房エアコン使用せず、さらに
コタツ1日1時間に絞った場合 )




平均使用ワットはワットチェッカーで見たほうが早いけど

アダプタや電源コードにも記載されているので

それを見て知ることもできる

例えば、うちのコタツは電源ケーブルに7Aと書いてありました。


なので、

単純には7Ax100ボルトで700wなんですが

これを実際に、ワットチェッカーで見ると

5Aぐらい電気コタツだった

ワットチェッカーでは始動直後は500wの値を表示

その後、しばらくして350w

さらにその後、3wぐらいになります。

コタツが冷えると、また350w→そして3wみたいに繰り返す。

なので、連続運転した場合の平均値ワットは200wと計算しました。



この電力ワットチェッカーには

色々な表示モードがあって

例えば、こんなふうに1時間あたりの円表示もできます。

写真では、1時間あたり4円の消費と出てます。
※ これは私が1KhW=29円に設定したので、1時間あたり150ワット使っているときの計算値が出てます。
※ この商品の初期値は1KhW=22円です。



ちなみに、電気コタツが7A、700w電源コードなのは

もしもコタツを125Vに接続したとき、

5Ax125Vで625wになるので、

オーバー電圧の場合にコードが燃えないように7Aコードなんでしょう。




テレビまわりは、録画ハードディスク機器やら何だのと繋がってるので

テレビがONと同時に154wも電力使ってたようです。

この平均ワット値は、衣類乾燥機コンビニクーラーと同じ消費電力でした。

ちょっと驚きです。

消費電力ワットを知ることで、

それを何時間使うと電気代がいくらになるか意識することで電気代の節約につながることでしょう。



例えば、

電子レンジが1300ワット使っても、1日合計30分程度の利用ならば月500円ぐらいです。
冬の暖房エアコンは1300ワット1日3時間使うと、月3042円
夏ならば、冷房で平均400ワットぐらいと思うけど1日10時間使えば、月3120円
※いずれも1KhW=26円の場合

電気代というものは、

ワット数よりも

1日の利用時間がけっこう影響することも、頭に入れておいたほうがよさそうですね。



スポンサーサイト

セカンダリーカウント:
menu_title