上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


家の給湯器が新しく設置されて

それに便利な機能が、、!

お湯の使用量がリットル単位で

積算カンター表示されるようなりました!


エネルックという機能らしい


これで、

水道料金の無駄遣いは一目でわかる

シャワーが現金化する

とくに寒い冬

シャワー風呂は、お金の天敵で



湯張りなしでシャワー風呂で安く済まそう

なんて

節約のつもり風呂は

じつは銭のドブ捨て行為です。


もちろん、スズメの行水のように

3分でシャワー浴びて

3分でお風呂が済ませられるなら話は別です。



わたし一人が風呂に入る場合なのですが

わたしは、

ふつうの風呂時間を全てシャワーで済まそうとして、ドブに銭を捨てたんやね



実数値を例にあげたほうが良いか。。

シャワーだけで済ませてたら

お湯の使用量スカウターは

400リットルを優に超えました!


寒い季節だと、ちょびちょび浴びるお湯だけでも

お湯カウンター表示で調べると

積算260リットルを優に超える。

実は、バスを湯張りするのに必要なお湯は、130リットル~160リットル。

身体を温めるだけでも既に2倍損してますよ



お湯カウンター機能があると

現金シャワー湯をどんだけドブへ

シャ~ シャ~と

無駄にドブ捨てなのかがよーくわかります。


ノーリツ製の給湯器の

お湯カウンターはとても便利です。
※風呂場のエネルック設定で「カウンター表示=ON」と設定を変更する必要あります。工場出荷時ではカウンターは表示されないモード。



このカウンター表示のおかげで

風呂での無駄が一目瞭然に。。。


今後の対策としては

遠慮なく毎回湯張りをして

身体を温まり

身体を流すときも湯張りのお湯をなるべく使いまわす!

最後にシャワーで綺麗に〆流しをする。

このパターンでいけば、毎日250リットルまで節約できると思う。


意外なことに

シャワーよりも、湯張り入浴したほうが節約できるんです。

スポンサーサイト

セカンダリーカウント:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
menu_title