コペンセロが納車されました。クリアブルークリスタルメタリックB63というカラーで、見た感じではメタリック粒子が細かい粒上というより平ったい感じのザラザラ感が控えめの塗料。



【写真、インプレッション】

白パールより青は撮影が楽と思う。ボディーの映り込みを楽しめる↑ホワイト系では絶対無理。
ボディーに映る、ワンポイントとなるその景色、、
それもまた車を撮るときの醍醐味。
その映り込みが嫌でホワイト系の色の車を買う人もいるだろう。PLフィルターを使えばいいだけの話だが、、


【testドライブ、インプレッション】 旧型コペンとの違いは

純正マフラーがスポーツマスラーみたいな音で気持ちよい
体感トルクは旧よりアップ ※カタログ値ではダウン
車高は高くなったけど、アイポイントは低くなった気もする
ドアの高さインパネの高さ、が上がってるので、相対的に自分の座る位置が沈んだように感じる錯覚
フットブレーキは噂ほどなく、踏み込み量に比例するブレーキ、4輪ディスクブレーキもこんな感じじゃなかったけな?


【内装】 セロ内装はわりとイケてる



ベージュ系、キャメルインテリアパックです。
センター赤パネルは、別注で頼みました。
ダッシュボードの焦げ茶赤パネル相性けっこいい。 ブラック&赤色インテリアパックよりいいかも!
赤フロアマットで、走る脈動感がありつつ、キャメル色の座席が落ち着き感を与え、一度に二度美味し感の味付け。

赤レッドばかりだと、落ち着かないし
赤レッドが無いと、物足りない。
この2つを両立した結果がコレです。



【リア編】



こうしてみると、旧型コペンの名残はある
コペンという車は、リア背後にこそ、こだわりの造形がされてるんだよね
旧型のときから、テールランプの構造までも、隅々までに美しさがある。



【ドラレコ編】

純正ドライブレコーダーをつけた↓720pで動画保存ができるけど、ちょっと暗め?コントラスト値も低い。
HDR方式レコーダー特有か、性能の悪さか、窓ガラス映り込みもあるのでPLフィルターが必要っぽい。


※ ↑YouTubeアップロードで、明るさ +2、コントラスト +1 ブログの明るさと同調のため



【イルミネーション編】

足元には、フロアイルミネーションを装備しており、黄色水色、白と7色から選べる。
昼は赤マットで赤く、夜はLEDでブルー色にすることもできる。やはり一度に二度美味し感の味付け。
旧型コペンは緑オンリー




【サイドミラーメッキ編】 ※インナーミラーもメッキ仕上げ



サイドミラーって車の耳だと思ってるんで、標準の黒色ミラーだと耳なしウサギみたいな気がする。
ボディー同色のミラーならいいけど、メッキもなかなかレトロ感がでてオヤG乗りには相性がいいです。



【あとがき編】

これはコペン乗りで、乗り換えや試乗をしないと絶対にわからない意外な相違点。 運転席から見えるボンネット形状が∩型から、M型になった



新型セロはヘッドライトあたりのボディーラインがもっこりと膨らんでる
運転席より、なだらかな∩_∩型ボディーラインが見えて官能的です。
セロはけっこうモコモコしたボディーラインをしてます。 旧型とは明らかに違う。


スポンサーサイト

セカンダリーカウント:
menu_title