カメラってフォーカスリングを自分で回してピント合わせてパシャっと撮るのが楽しいですよね。
昔のカメラには当然のようにあったソレは、デジカメ時代になってお手軽カメラには付いてない
ぐるぐる回してピント合わせも、、カメラの醍醐味なのに
ネオ一眼クラスならMFモードが存在するけど操作しづらいし、液晶の解像度が荒くて使う気にならんのよね~

そんな自分に朗報が!ついにiPhoneも手動フォーカス時代に!

まさか、iOS8で手動フォーカスを搭載するとは、、おまけに手動でISO・SSも露出補正まで、、

愛用カメラ、645ProというアプリiOS8専用↓ フォーカスを手動で調整できるのだ。

マニュアルフォーカス使うと、これがまるでフォーカスリングを回す感覚なのです。

青↑↓の指で上下の操作は画面の右側、中央、左側どこでもよく指使いの自由度は高い。
私の場合は、いつも右手片手持ちで撮影するので、青矢印の右側で調整してます。
なおシャッターボタンを長押するとAFです。コンデジ特有のシャッター半押しも再現されていて、これほどコンデジに近いアプリって類を見ないです。
ISO優先を使えば画質はコンデジ並みに綺麗に、、
さらに露出補正を使えば明るさを好みに調整できる
※撮影時に調整!撮った後に加工する調整でない!これ重要

ただし、645Proアプリは最初に初期メニューをきちんと設定しないとまともに使えない。
マニアック過ぎるアプリなので初期設定は次回に詳しく
ダウンロードして起動するといきなり白黒ビューです(笑)
フォーカスピント合わせもノイズ表示「ピーク表示」なので???と思う動作です。

さて

嬉しいその1、暗い場所でも綺麗な画質でコンデジに負けないぞ!【iPhone5sの645Pro】

Ev=5.28...なのに、真昼並みにノイズのない綺麗な画質! iPhoneで撮るには暗いEv値

その2、自由なフォーカス

フォーカスを変えれば写真の主役も変わってくる


その3、動き回る猫の撮影もより簡単になった

お魚咥えたサザエさん! ネズミを咥えたトラ猫

撮る距離位置をあらかじめ決めて、ピン置きしてから猫が来たらパシャっとシャッターきるとか
フォーカス調整に慣れてくると、ピン置きじゃなくても狙ってショットもある程度できる。
従来のAFだと動き回る猫にはとても間に合わない


実に楽しいので色々撮ってみた。

茶色のボールを狙う、、、が

予想外に頭に落ちてきた!(笑)

ジャンプ寸前を、、、にゃんショット!



夜景もまあまあ撮れる【無印 iPhone5で撮影】

SS=0.5秒、ISO=400、手持ちで撮影、中級コンデジ並みだと思う

スポンサーサイト
凄いの発見 ↓↓



iPhoneは付属ヘッドホンを繋げればボリュームボタンがリモートシャッターというのは知ってますか?

iPhoneで自分を撮影とか、
家族と一緒に自分も入って撮影とか、、
そういうシチュエーションではリモコンシャッターは便利です。
しかし、、ヘッドホンだと長さは限られる。

そんな時はBluetooth無線式のリモコンシャッターを、10m先からでもシャッターを押せます。


あ!iPhone5S買いました!

嫁さんにもiPhone5Cを買いました
娘のおもちゃにiPhone3Gも購入
やっと私も、iPhone3G、3GS、4、4S、5、5S、5Cと日本発売の歴代iPhone全機種をコンプリート ↓



 まず、最初にするのはフラッシュを白紙で覆うのです

こうすることでフラッシュを使った写真が劇的によくなります


実際に撮って画像を比較すれば一目瞭然ですね ↓フラッシュ撮影で写真が焦げちゃう経験はないですか?

白紙なしバージョン、これは嫁のiPhone5C


白紙で覆った写真、私の改造したiPhone5s


※白紙を貼ることで背景が黒く焦げつかない。軽減される効果あり
写真に詳しい人ならその理由はわかるはず。 ほとんど撮影ケースにおいて白紙で覆ったほうが綺麗です。

そもそも なぜ、明るい場所でフラッシュを使うのか? それは次回に詳しく、、
私は夜の室内という条件で被写体の光沢を出したい時などフラッシュ使います。
レモン撮影ならフラッシュは使わないで↓のように
マニュアル撮影でフラッシュなし、ISO32 SS1/13 29mm F2.2 EV7.62

iPhone5s、645Proアプリ MFモード、ISO,SS Manual、6x7pack Red4% C1film


我が家には監視カメラを6台設置してます。 夜中の暗視モードになると夜な夜なオーブ空気中のほこりが写るんです。

信じ難いけど ほんまに、、

証拠写真


強い光球体が1個のやつですが、複数写るときもあるし部屋のなかで動く浮遊するオーブ

うん、びびる必要なないのだ、、

カメラに詳しい写真家などはその正体を知ってるはず!
わたしも知ってるさ!
オーブの正体はホコリなんです。

空気中に漂うホコリや窓のついたホコリなど、、

部屋で浮遊してるホコリ=おーぶ

耳ヒゼンダニぐらい小さい0.1mmほどの小さな小さなほこりが
ピント合わずの超ぼかし状態、視力0.01ぐらいで見たぼやけたゴマ粒みたいものが
ボケが効いてほわっと半透明の球体物状で写るので、まるでオーブ「ひとだま」のように見えるんです。

位置的にはカメラレンズのすぐ目の前あたりを通過してるホコリ

※暗視カメラはシャッター速度fps遅めで記録されてるので線状の霊体のように写ることもある、、

では

実験でオーブを作ってみましょう!
カメラマンの人なら簡単ですね。 朝飯前のはず、、

誰でも実験できるようにiPhoneで実験してしましょう。
鏡を使います。
小さなホコリが付着した鏡を使って「透明ガラスと見立てて」鏡の中に写ってるiPhoneのレンズ部分にピントを合わせて撮影↓ ほらぁオーブが、、

写真1


オーブが、レンズ横に写ってますよ。よ~く探せば色んなところに半透明の球体が写ってる。

鏡面のホコリにピントを合わせて撮ると、

写真2

小さなホコリが写ってます。

つまり監視カメラに写るオーブとは、
実験とおなじピント合ってる距離位置のその手前に浮遊するホコリが空気中を漂いまるで生き物みたいなオーブに見えるんですね。
わたしは視力はいいほうで、日差しが強い明るい部屋だと、空気中に漂うホコリを集中すれば目視にてピント合った白い点を目で確認できます。なので置きピン撮影法を使えばオーブ写真は簡単に撮れると思う。




寒くなる時期なので、子猫ちゃんが暖を取れるようにヒーター付き座布団を買いました。

1480円にゃり↓



あと、コレ↓隔離した部屋に居るので部屋の様子を



いつでもどこでも状況を確認できるようネットワークカメラの最安かつ高級なカメラ約5,000円→過去記事

それと壁に取り付けできる薄いホワイト色の温度計↓



ネットワークカメラで↑の温度計を見れば部屋の温度を把握できるのでいろいろ便利なはず。


最後にツメとぎ1,670円





セカンダリーカウント:
menu_title