食品クレームを問い合わせフォームより日常茶飯事に送る私である。

月に1回は、どこかのメーカーへ送ってる気がする。


たしか前月は、javaカレーに言ってやりました。

今の時代、各社HPのお陰様でたいへん便利です。

消費者の声が届きやすいです。


先日スーパーで167円日清ら王を買いました。↓こんなやつです。



私のクレーム言い方はこうです。↓誉めてその後にクレーム本題というパターン。

クレーム本文、【商品、安全性について】
                         
日清ラ王のとんこつを買いました。

以前のものから価格が安くなり、
どんなものだろうと思い試し購入をしました。

生めん再現がなかなか良い感じで、生めんの香がなぜか漂い、肉厚チャーシューもよくもドライ状態からお湯2分でここまでジューシーになるものだと驚きです。
値段を落として品質を落とさずの努力に感服です。

ですが、、1点だけ不満を申し上げます。
カップが8角形になって、スープが飲みにくいです。
高級感を表したい気持ちはわかります
が、これではスープを美味しく飲めません。

熱々のスープを飲むときに飲む量が調節しにくくて、
それにスープの液体が横方向へ広がりすぎて
唇を火傷「やけど」します。
また角の部分から飲むと、とんがり過ぎてスープが口からこぼれます。
人間工学的に言うとスープ液体を飲む部分は「丸み」があるべきです。

お提案ですが、

スープレンゲの先端部の形をした1角をどこかにつけてはどうでしょう?
カップラーメンに飲み口をつけるのです。
そんなカップラーメン今まで一度も見たことがありませんので世界初になるでしょう。

ある意味、宣伝効果も高そうです。

ご検討のほど宜しくお願い申し上げます。
                         
ここまで


上手にクレームを言えばきっと想いは伝わると私は信じています。
スポンサーサイト


こんな作り方もあるのか!、、ネットワークカメラ便利すぎ。

嫁の反対を押し切ってネットワークカメラをまたも購入!

外出先から猫の様子が見れるのは嬉しい。


猫を飼ってる人ならわかるでしょう。

カメラ自体は5,000円の激安品Tenvis製。

安くても上下左右リモートで動かせますから撮影範囲はかなり広いです。

→こちらの過去記事で詳しく書いてます。


↓こんな赤ちゃん見守り用もありますよ。




今回は、このtenvis製カメラ用のビューアHPをDIY自作します。

自分で作れば勝手がきく、そこがDIYの醍醐味

もともとDIY自作しなくても付属品で見れるんですが、付属ビューアは使いにくい。

汎用系ビューアも、多数の機種をカバーし過ぎてビューア安定性が悪いとか

拡大縮小ができないとか

カメラ数が増えるとやはり一括管理で見て操作をしたいが、そうなると使い難い付属ビューアを使うはめに、、

などなど、



↑自分の要求を満たすビューアをホームページ作成の感覚でHP「icatcam」を作ってみた。
※IPカメラに詳しければTenvis以外も使えます。
※スマホの場合はボタンをやや長めタッチで反応。

http://icatpad.web.fc2.com/icatcam/
このHPをブックマークでホーム画面に登録すると、こんな感じに「猫 WiFi」なアイコン登録がされる。




ビューアHPアプリを自分で作ると聞けば難しそうだが、映像だけなら実は簡単です

ブログやってる人なら画像リンクアドレス貼ればHPに画像出てくること誰でも知ってるでしょう。
原理はコレです。tenvis製に限らず、どのネットワークカメラもカメラがリアルタイム撮影した保存された画像URLが存在します。
それをHPに貼ればカメラ画像が出てくる仕掛けです。
なので、静止画ならURLをブログに貼り付けるだけで、たったそれだけでカメラ画像がブログに出てきます。
もちろんそのときユーザ名とパスワードが必要ですが、この情報もURLに組み込む事が可能なのです。
※一部の機種やファームverだと画像URLにパスワード無効なカメラあります。Tenvis製も他社製も、、むやみにグローバルIPやドメイン名ポート番号は他人に教えないこと。
カメラを動かすには、これもURLがあるんです。そのリンクを貼ってそこをクリックすればカメラが動きます。



布団で一緒に寝てる猫みゃこ撮影。
なかなか手持ちカメラで撮れない構図。


実際のところネットワークカメラはとてもシンプルな構造です。
音声と動画を同期させながら再生となると面倒臭いので割愛します。


「icatcam」Webアプリの特徴

ブラウザIE9以降、Mac10.7以降のSafari、iPhoneのSafari、Android※はGoogleChrome推奨、これらのブラウザで動作。
1.ユーザ名、パスワード情報は、あなたの使う端末内のクッキー情報に保管されます。
※当然ですが、端末クッキー履歴の消去やクッキー禁止の設定してると情報は一切残らないのでHP閉じたら一切すべて消える。
2.動画コマ数は1秒に2~5フレーム数、遅いです。パケット節約仕様
3.Webページなので拡大縮小が自由
4.6カメラ一括管理で、カメラ1枠にそれぞれ操作ボタンがある
5.カメラ好きな私が好むようなデザイン、黒白赤フレームでファインダーっぽい細い線のデザイン採用。
6.パケット節約、速度向上のための「一時切断/再接続」ボタンあり。
7.解像度変更ボタン
8.記憶されたポジションへ移動起動
9.初期化コマンド最大3つ登録
10.「ローカル接続」「外出先から接続」が選べる。他ビューアに類を見ない機能。
11、端末リセット再起動ボタン。

※10はけっこう大切で、家の中で見る場合と外出先から見る場合ではIPカメラへのアクセスアドレスを変更しないといけません。プロシキ経由で見る方法もあるけど、汎用系ビューアだと、外出先と家の中の2つ分をカメラ登録するなんてまぬけな話も珍しくないのです。DIYアプリですべて解決!


↓こんな、マイクみたいなIPカメラもある



↓こちらは黒バージョン



次回は、Tenvis製がよくレビューで叩かれてる内容「動かない、設定できない、画像が半分で切れた、フリーズする、WiFi繋がらない」などなどの原因と対策方法について書いてみる。
ねんきん詐欺集団、国の名を語る詐欺集団はどうにかならんのか?


ねんきん積み立てを全額返金してこの制度を廃止して欲しい。
仕組みがおかしい。
国がやる仕事でない!
今現在、受給している高齢者に年金を払って終わり、制度は廃止すればいい。
もちろん今払ってる若いものには、これまでの積立金をすべて返金。

たまーに届く「ねんきん定期便」を見るとほんと腹が立ちます。
コレ↓この一文、詐欺やろ!
(今後の加入実績により年金額は増加します。)



なんだ!この国民を騙すようなハガキ!今すぐ直せ!バカやろーと言いたいです。
正しくは、(今後の加入実績により年金額はどんどん減少する場合があります。)の間違いだろ!

さらに追加で
1.ねんきん受給資格年齢を65歳→70歳→80歳→90歳と段階的に引上げする予定です。
2.我々「日本年金機構」は受給者となる高齢者が死ぬ確率論で計算して、死ぬ直前あたりを受給適年齢としています。
3.あなたが年金ももらえる可能性は「万に一つもない」と考えて下さい。
4.将来の老後生活のために自分自身でしっかり貯蓄を行いましょう。


この1~4ぐらいの注意書きは書いておけ!
これぐらい書いてあったほうが、逆に親近感があって好印象です。
「増加します。」って、何かいい事尽くしみたいに書きやがって、先物取引の詐欺集団と変わらない。


だいたい、ねんきん制度は根本が間違ってる。

最初が「若い者からの年寄りへの仕送り金制度」で始めたことが間違ってるのだ。
ゲリラ雨の日に盗まれる傘と同じである
最初に盗んだやつが得して最後のやつが損をする。

この理論と同じ。

最初に盗んだやつのせいで、後のやつも他人の傘を盗む。
これが連鎖して最後に残った人が一人損失をかぶる。
どうして、こんな負の連鎖制度を始めたのか、、
今でこそ「自分で積み立てたものを老後に貰う。」というスタイルだが、それは表向きの話。
その実態は一番最初の受給世代に支払った年金という名の借金を、次世代の若者から徴収の繰り返しシステムだ。

究極の負の連鎖システム。

まるで貞子の呪いのようなシステムだ。

だから国は辞めるに辞めれない。

この負の連鎖を打開するために受給資格年齢をどんどん引上げるという案を国は検討している。
ようするに年金受取る前に「死んでくれ!」って話だ。
実際20~30%でも計算通りに受給資格者が「死んで」くれれば、数世代を繰り返すことで盗まれた傘の代金は埋め合せできる。
また、高齢者の雇用促進策、雇用年齢の引き上げも同時に検討、つまり死ぬまで働け!税金納めろ!という筋書きだ。

厚労省のHP資料より→http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000001r5uy-att/2r9852000001r5zf.pdf

国はこう唄う「70歳以上まで働きたい高齢者のために高齢者の雇用促進を行い、離職定年を65歳に引き上げ、年金の受給開始年齢を68歳へ引き上げ、年金積立期間も延長して65歳までに延長、積立基礎月数が満たない時は最大で70歳まで期間延長ができる改革である。


こんな、ねんきん制度に何の価値があるか?

受給条件の300月数まであと数年間を頑張って支払って65歳で年金貰えるのか不安でしょうがないです。



セカンダリーカウント:
menu_title