届いた人工芝!。なかなか良い。これ1mあたり1660円の芝です。【続きはこちら→人工芝を施工】


左側は拡大写真、右側は遠目写真。


まぁ、本物でないけど偽者というほどでもない。

偽者なんだけど、あれ?っと一瞬錯覚する。

約9Lの水を人工芝に降り注いだが水が溜まることもなく水はけも良い。

試しに買ったのは↓これ

【送料無料!】アルミス ガーデンターフ ベント芝 1mx1.8m 
AGT-1518リアル人工芝お手入れ不要で簡単施工。


一先ず33m2ぐらい人工芝を施工したいので商品が品切れしないうちに追加で買わなくちゃ。


施工時の注意点

1.商品開封後にロール状の芝をくるくると敷くだけですが最初は芝が寝ているんで起す。
2.施工する場所はやや起伏があったほうがよりリアルかも。

※小細工で人工芝を施工したあと砂をちょっと撒くとリアルさが増すらしい。


今回は15mm芝を買いましたが、長め35mmの芝も試しに買ってみようか思ってます。
庭の場所、庭木との雰囲気にあわせて芝の種類を変えるのも本物らしく見せるテクニック。

庭をすべて15mm芝にしたらぜったい嘘っぽいすぎと思う。多少ばらつきがあるほうが自然。


※追記 35mm人工芝も買って施工をしてみました。 【 → 続きはこちら】

施工前→





スポンサーサイト
あまった黒砂利と、南の風水石「薄緑」、赤砂利で、ラピュタ紋章を砂利アートしてみた。
白く描かれた紋章は、雨に濡れると緑色でやや透明な感じに変化。



中央のは飛行石、、青色のビー球を100円均一で。


別の方角からも。


どうでしょうかぁ。ラピュタ紋章から木がもこもこと育ってるみたい。
ちなみにこの方角ですが子猫たつぼーの居場所を教えてくれる。


庭レベルUPするのに人工芝を3枚(1m×5.4m)試し買いしました。
砂利が施工がだんだん終わってきてるんであと綺麗な
芝刈りがめんどくせぇーとか、慢性さぼり症な私とかに向いてるのは人工芝ってことで。。
5~6年耐用年数でノーメンテナンスで雑草とおさらば。

敷くだけ簡単。

↓ネットの情報で比較して一番リアルな安く良い感じの人工芝を↓を3枚、約1x6mを購入。
fc2blog_20120822214930380.jpg

いろいろ検討してゴルフ場のグリーンで使われる短い芝。15mmベント芝を選んだ。
さすがに100円ショップでもホームセンターでも売ってないありさまで。。
素直にネットで買う。
種類も多くて15~40mm芝生の長さ植付け密度も様々で、とにかく自分にあった芝を選ぶしかないです。

楽天で↓この店なら1枚づつ送料込みでバラ売りしてる。

【送料無料!】アルミス ガーデンターフ ベント芝 1mx1.8m 
AGT-1518リアル人工芝お手入れ不要で簡単施工。

1枚が1m幅の1.8m長で3,000円と聞けば貧乏性「←私」にはちと高い金額ですが人工芝ってほんとに高額らしい。

廃材のスペシャリスト、eco的ビフォーアフター。

廃材でここまで出来ちゃいました!。余ったレンガに余った砂利、白、黒、赤茶、それから某草シート8m。
捨てるのは勿体無いし、色違い砂利もエスプレッソみたいにすれば見栄えるかと。。



リビングから見える一番奥の八重桜と何とかの木の部分を劇的ビフォーアフターしました。


↓ビフォー写真。↓

庭木の存在感が薄く、もはや雑草の一種にすらなりかけて、天空の城のロボットが手足が朽ち果てた姿で立っていてもおかしくない。




ガーデンテーブル&チェアが似合う庭にしたいのけど、まだまだDIY道のりは長そうだ。
先行を逃げるように走ってるコペン、後追いで100kg強は車重が軽いノンターボ660cc、HONDAビートがその差を詰める。




プラモ妄想もセリフが入れば格好良く映える。今回は撮影用ジオラマを100円材料で作ってみよう企画。




主役を飾るのはHONDAビート。小さなボディーでもNSXをも思わせるようなシフトフィーリング、そして何と言ってもMR駆動で、本田宗一郎が開発陣に「あんた、いい仕事したね」と褒めた車。

エンジンは3気筒に3連式マルチスロットルボディー設計、燃料噴射はF1技術より応用されたPGM-FIで制御される。ビートはF1エンジンと同様の燃料噴射制御マップを利用することでハイレスポンスを実現する。面白いのは実用車とレーシングカーの両立をされてることだ。安定性よりもレスポンス性を優先するスロットル開度とエンジン回転数を基準にした燃料噴射制御マップは、アクセルワークが急加速・急減速時、高負荷時にときに採用され、安定性を求めるアイドリング時、定速時、ゆるやかな加・減速時、低負荷時には、吸気圧力とエンジン回転数を基準にした燃料噴射制御マップを採用する。



【ジオラマの作り方】


【材料】

・道路…紙ヤスリ、サンドペーパー#40~#60
・土…紙粘土。
・落ち葉…庭や外から採取するか、砂で雰囲気作り。
・木…庭や外から採取。枯れた木のほうがよさげ。
・ガードレール等…フジミプラモデル模型。
・バックグランド背景…わたしはiPad使うけど雑誌でいいはず。
・木工ボンド

材料はほとんど100円均一でそろえました。道路のアスファルト、紙ヤスリはホームセンターのほうが少し高いですが、質は良いものがありますのでそちらがオススメ。#40#60あたりを買う。あと紙粘土は100円均一のもので十分。
それから木工ボンド。乾燥したら透明になるものを選ぶ、これも100円均一に売ってありますね。


模型はコレがオススメ。
↓↓↓

フジミ 1/24スケール 「電話ボックス&歩道セット」 (GT-11)
楽天で1300円ぐらい。ガードレールと電話ボックスのプラモデル。ジオラマには必須。

こっちは安くて作るのも簡単。
↓↓↓

フジミ 1/24スケール 「標識・ガードレール&カーブミラー2(市街地用)」 (GT-10)
14日だけの猫の小さな幸せ。


先月の7月20日頃なんですが子猫ちゃんがうちに迷い込んできました。

この子猫。のちに「たつぼー」という名前に。



初めて出合った時は、うちはハチワレ猫をすでに飼ってるし、庭の砂利を掘って荒らすので「たつぼー」にやさしく「だめよー」と言いながら、外へ追い出しちゃいました。


しかし数時間すると、また戻ってきちゃいます。

うーむ。。

猫の侵入口となる裏門はしっかりバリケードを築いているものの、子猫なんでほんのちょっと隙間から入ってきたよう。

「たつぼー」との出会いはこんな感じ。


7月23日

「たつぼー」になるきっかけ。。

お腹ペコペコでご飯をろくに食べてないようで、鳴きつづけて声も枯れて、子猫ちゃんの姿が「生きたい!」そんな感じに心へ響いた。

猫用のお肉缶、カリカリ栄養豆、水を「たつぼー」にあげた。

まるで美味しいものを初めて食べるかのように、「うおおぉうお、うおおぉ」って鳴きながら食べて「美味しいよー!美味しい!」と喜んでた。

「たつぼー」に2つ皿式フード容器を100円均一で買って来て、その日から3食きっちり毎日世話をするようになった。

「たつぼー」が可愛がった。

わたしが家に帰ると、玄関前で毎日どんな時間でも「たつぼー」私をお迎えしてくれた。


「たつぼー」と心が通じるうちに、庭の砂利を掘って荒らされても、庭のうんこ拾いも「たつぼー」が元気になった姿をみてると、なぜかそんなの苦労とは思わなくたってきた。

だって「たつぼー」が元気だったから。


7月30日。

 やっと体を触らせてくれた。今まで人間が怖かったのか餌を食べてても近づくと逃げる「たつぼー」。 ようやく私を信頼してくれた。

頭をなでると喜びゴロゴロ言いながらすりすりアピール。

やっぱり「たつぼー」可愛かった。

だけど「たつぼー」を抱っこが出来ないのが残念。

まだ野良ちゃんの状態なので、ゴロゴロ寄ってくる「たつぼー」をぎゅーって出来ないが心残りだった。



うちに入りたそうな「たつぼー」、リビングから庭ライトを点けて見ると「たつぼー」も起きてた。やっぱりうちの猫と遊びたいのかな。


7月31日。   ※日付類は写真データ等より調べ。

レボリューションを塗布。

2日後ぐらいで耳や腹など体を掻かなくなった。痒みがだいぶなくなったみたい。

猫回虫もうんこの中に出てきた。


だんだん遊びが活発になり、散歩から家に帰ってくるとイガイガ「服にくっつく草の種」を体にたくさん付けて帰ってきた。

それを取ってやるのが日課になり、なぜか「たつぼー」も喜んでおなかを見せ寝転がってゴロゴロという。

8月3日。

「たつぼー」元気いっぱい。



8月4日土曜日。

家に戻ってきた「たつぼー」が、ずいぶんと汚れており、後ろ足が弱ったように力が入らない感じだった。
歩き方がぎこちなく、たまに斜めに傾いたような歩き方をする。
体の怪我を調べたけど血はでておらず、骨折なのか脱臼なのかを心配した。

日曜日

怪我の具合を確認、回復しそうか?
悪化していないか?
あまり変化はなく、痛む場所を確認しようとするがわからない。

8月6日月曜日

急激に悪化。

餌もすべて吐いてしまったようで。その後は泡を何度も吐いている。そういえば前日より便の量が急激に減っている。うんこの数が少ないことに気づく。
まともに動けない。玄関の段差も上がれない。
捕まえようとすると逃げるのだが3歩4歩で倒れ込む。すぐさま危険な状態と察知。近くの動物病院へ相談にく。


8月7日火曜日

昨日の夜は外庭で一緒に膝の上に「たつぼー」を寝かせ、ただただ、頭、背中を撫でてやり一緒に過ごしました。外に一緒にいて思う、どれだけこの子猫はひとり寂しかっただろうと切ない思いでいっぱいで。猫ちゃんはゴロゴロと喜んでいてくれて。私は涙がポロポロ落ちて、猫ちゃんはじっとこちらを見つめています。こんなに可愛いのに、まだ小さいのに、命を奪わないで欲しい気持ちでいっぱいで、そしてなによりも私は猫ちゃんを感染類の可能性があるからと今まで抱っこしてあげる事をしなかったことや、いつも触った後は手を洗っていた、まるで汚いもの扱いをしていた自分が情けなく申し訳ない思いでいっぱいで。

朝からは、日が上がる前にすぐに家の中に入れ、温度調節に気を配り看病しました。朝8時頃、また嘔吐が激しくなり、月曜の昼から何も飲まず食わずで、体力も相当落ちている中、危機を感じ苦しそうな姿、無理に抱えるのも苦痛であろう猫ちゃんを、「ごめんね」と言いながらキャリーに入れて、車で動物病院へ連れていきました。
昨日相談した家に迷い込んだ野良子猫ちゃん「今にも死にそう、」そう受付で話したが、ほかの元気な奇麗なワンちゃんやセレブ猫ちゃんたちが、次々順番に診察されて、30分後ようやく「たつぼー」が診察された。
それに苦しい猫を腹から片手で持ち上げ診断する獣医をみて、「たつぼー」が苦しそうにすごく怯えて可哀想だった。


獣医の診断は「中枢神経の異常でしょう。」

獣医が言うには、「もう元には回復しない。原因もわからない。入院させて点滴を打って延命的なことはできるけど、今まで通り自分でご飯食べ排泄しては無理と思われる。ぶっちゃげお金も1日1万円以上はかかるし、原因を調べるのに検査等だけで1回あたり4、5万円はかかる。」

私が「それでこの子が治る助かるのであれば、、」というと
獣医は、「治る見込みもないし、改善する保証もないです。」

「こういうのは飼い主さんの気持ちが、どれだけお金をかけて治療をやってあげたいか?ってことです。」
私が「じゃ、この子は苦しい状態でずーと延命するんですか?」
獣医の説明は、飼い主さんがどう考えるかです。
獣医としてはすぐに入院させて治療をするべきと考えますが、ぶっちゃげてお金がかなりかかります。でも治る保証もありません。
今日は、抗生剤注射だけやって、明日調子が良いようならまた注射を打ちに来られてはどうですか?


「たつぼー」は家に連れて帰りました。

つきっきりで看病をし、「たつぼー」は必死に生きようと頑張ってくれましたが、夜の7時ごろです。もう、まる二日ぐらい飲まず食わずが可哀想で、お水をスポイドで口にやっていた時、気管に水が入り込んだのか、舌と口を動かす猫ちゃんに、水をペロペロしたので水が欲しいのかと思い、水をやり続け、その直後、短い一生を終えました。
その命の尊さ、涙が止まらず胸が痛く、何度もその子の名前を呼びかける中、膝の上に乗せ抱きしめてると、どんどん体温も落ちてゆき、子猫ちゃんを救うつもりが、私はこの子に死の運命を与えてしまった。もっとはやく家に入れて室内飼いすればこんなことにはならなかったのに、、今更悔やんでももう「たつぼー」に何もやってやれない。

今は野良猫と思ってないです。

大切な家族。大切な私の飼い猫です。つい数日まえは私が庭を歩いてると後ろをとことこ着いて来てその姿が可愛かったです。捕まえようとすると逃げるのに、、なぜか後ろから着いてくる子猫ちゃんでした。私のこと飼い主だと思っていてくれたのを心より願います。

こんな私と出会ってくれてありがとう。

たつぼー。

fc2blog_20120810233911646.jpg


8月8日

火葬、納骨



8月10日 <追記>。

今思うことは時間を過去へ戻したい。その一点。もう一度やり直したい気持ちでいっぱい。

私がやるべきは「たつぼー」と出合ったとき、すぐに捕獲して動物病院へ連れ込みこの野良猫ちゃんを家の中で飼いたいので去勢、感染類やノミダニ駆除、あらゆる病検査など済ませて欲しい。
そして2日か3日ほど病院で預かってもらい、「たつぼー」を家に迎え入れればよかった。

室内飼いができないならば、心を鬼にして餌もやらず「たつぼー」を家外へ徹底的に追い出すこと。
そしてこの家はダメなんだよ。とやさしく「たつぼー」に教えてあげること。
そうすれば「たつぼー」はたった14日の小さい幸せだけでこの世を去らずすんだ。
大きな過ちを繰り返さないよう「たつぼー」のことは絶対に忘れない。今日その思いをこのブログに残すことにする。

セカンダリーカウント:
menu_title