Coperri接近

Coperriコクピット


GW祝日の最後が天気が晴れたので、海水浴場の浜辺沿いを走って来ました。
オープンかーはやっぱり風が心地よい気持ちいいですね。たぶんバイクと似た感じだと。



人気スポットは苦手なんで人が多いとこは避けて、あえてマイナーな海水浴場のコースを選んだのに、それなのに、、
今日に限ってお祭りをしてて人と係員と車がいっぱい。



仕方ないので、孔雀とうさぎにも会えず、浜辺の道をドライブのみ。

いざ帰ろうと本線国道に戻る時に道が渋滞してるぅ!。コペンが坂道で長時間止まったまま動けない状態。
フェラーリは停車と発進を何回もやるとクラッチを傷めるらしいけど、コペンはエンジンルームがすし詰めハーレム状態なので放熱に弱。

ECUモニターがぴっ!って何かがワーニング値に達したよう。さっきの何だろう?と見ると水温が98度。



うぇー。冷却水が沸騰しそう。
100度沸騰のお茶は好きなほうだけど冷却水は85度が好みだよ。
このままじゃコペンが蒸発しそぅ。
車が動けないんでモニター見てると97~98度あたりになるとファンで94度にさげようと強制冷却が繰り返すよう。
停車が長いと最高が98度とか99度になる。



ちなみに走ってる時の温度を見ると86~87度ぐらいだったので一安心。でもね?ECUモニターの針はHiな上を指すのに、コペン標準の水温メータってば真ん中で。これが上まで来たら200度やでぇ。



ほんとうにいいのかそれで。。でも正常なのに常に水温計の針がHiを指してるのも怖。

つまりそれが答えなのか。

Coperri後ろから
スポンサーサイト

セカンダリーカウント:
menu_title