以前、書いていたスマホを使ったWiFiバックカメラのその後について書きます。


車にバックカメラを付ける場合ですが
機材は、Amazonや楽天ならカメラ1500円前後、液晶ディスプレイ1500円前後で売ってあります。
3000円もあれば、バックカメラの部品は揃います。

でも取付は?

もし、リアのバックランプ部がむき出し構造なら
バックランプ脱着が容易な車なら、バックカメラを付けるは楽チンです。
しかし、スポーツカー系の車はちょっと面倒くさい構造が多くて、新車時にオプションで付けるほうが良いと思う。

これが車DIYの定説だったと思う。

この定説を覆すべく私が考えたのが、スマホWiFiバックカメラでした。
スマホとスマホをWiFiで繋ぎ、片方を映像送り、もう片方を映像受信として割当し、バックカメラ利用を思いついたのです。
実際にやってみたら十分使えた
映像の映る範囲はやや狭いですが、このあたりは広角レンズをスマホへ取り付ければどうにでもなるレベルです。


それを以前、ブログに書きましたところ

アプリを知りたいとコメントあったので

今回そのあたりを書きたいと思います。


まず、スマホとスマホを無線WiFi接続するには、2通りあり

1.モバイル型のWiFiアクセスポイントなどを車の中で使うWiFi接続式
2.格安Simスマホのインターネット共有を使う。
 の、どちらかで実現できます。
※この段階で、スマホにはIPアドレスが割り振られるので、そのIPアドレスで通信します。


次に、

1.リアから映像を送るスマホには、ネットワークカメラ系のアプリをインストールします。
2.運転席で映像を受信する側のスマホは、ビューワー系アプリを用意します。
※なんですが、実は1の映像を送る側のアプリには十中八九の確立でブラウザURLで映像を見れるビューワー機能が付いております。
ですので、2のビューワー系アプリは不要です!その代わりにフル画面ブラウザ「全画面ブラウザ」のアプリを用意する事をオススメします。


そして最後に、鏡像ミラー反転の機能

これは、上記の1か2のどちらかのアプリに反転機能があることを願うしかないです。

1.映像を送るカメラ系アプリのミラー反転機能を使う。
2.受信する側のビューワー系アプリのミラー反転する。
※できれば、2のビューワー系アプリに「鏡像ミラー反転」の機能がある事が望ましいです。



結果的に言うと、わたしの場合

まず、リアの映像送り側スマホも、運転席の受信スマホも、どちらもAndroidスマホにしました。
そして、ビューワー系アプリは、webアプリを自作しちゃいました。

あくまで私個人の趣味「好み」による都合上で、、




なぜか?

安定した通信と、ミラー反転がほしい .カメラ接続先のURLを自由編集したい
.起動アイコンはコペンの写メ画像にしたい
.距離ガイドラインを表示したい .URLを開いていきなり画面最大化フル表示!
 iPhoneやAndroidのWebクリップ対応「アプリ形式でホーム画面へ登録」をやりたい
.カメラ映像を4つ、前後左右の映像登録をしたい。
.スマホ特有のぬるぬる操作できて、スクリーン回転もできるのが望ましい
.将来的に、アラウンドビュー映像へ合成変換や、google地図マップを合成するとかしたい



などなどの個人的な理由です。
※個人利用の範囲に留めれば、なんでもありあり改造ができちゃいますよね!


先に書いたように

そもそも、ビューワーアプリなんか必要じゃないし、スマホをネットワークカメラ化して、バックカメラに利用する場合の重要なのことは、車の後ろに置くスマホ側 「映像の送り側」のアプリに
1.鏡像ミラー反転があること!
2.ブラウザからアクセスできる。
この2点を満たせば、
なんだっていいのです。
運転席側のスマホは、カメラ接続先のURLをブックマーク「お気に入り登録」しちゃえばいいだけ。

 ただし、フル画面表示ができるブラウザのアプリを用意するのが望ましい!


私が、iPhoneとAndroidでアプリを探してみた結果。

Androidの場合は、
 IP Webcamがあります。
iPhoneの場合は、1と2を満たすものはありません!!知りません!
  けど、2を満たすものはあります。→ipCam - Mobile IP Camera」

それぞれの、カメラ接続先URLは

「IP Webcam」→ http://192.168.x.x:pppp/jsfs.html
「ipCam」→ http://192.168.x.x:pppp/video.html
※ xには、車の後ろに取り付ける「映像送り側のスマホ」のIPアドレスが入ります。pにはポート番号があります。
xとpの番号は、アプリを起動してから映像配信の開始後、カメラスタートすれば画面に表示されるので、心配する必要はないです。



だいぶ長くなりましたが、、、
 
  こんな感じでございます。


運転席はiPhoneでブラウザ接続、車の後ろにはAndroidスマホの場合のスクリーンショット例
「IP Webcam」

 ↑ その辺にあったカタログを映像信号に入れました。
「BUS STOP」の文字がミラー反転してるのが確認できると思います。
IP Webcamの設定は、だいたいこのあたりを設定 ↓





そして、運転席にAndroid+自作アプリで、車の後ろはAndroid「IP Webcam」置きの場合のスクリーンショット例

  運転席側で受け取った映像データをミラー反転処理してるので、バッテリー残量などステータス表示文字らも一緒に反転しております。 ↓ 笑



最後に、運転席にiPhoneで、車の後ろにiPhoneの場合のyoutube動画の例
  映像データは、ipCamで送って、運転席側の自作アプリでミラー反転しております




スポンサーサイト
この記事は、→新しい記事で完結編を書いてます。


前回の続きですが、配線不要のIPバックカメラ。

イイです!この簡単さには我ながら驚いたよ。



ご覧のとおり、

ビデオ配線等は

本当に一切何もありません!

電波映像です。


スマホを運転席のスマホホルダーに、

ポン置き固定してあるだけ。

充電すらもしてません。

本体バッテリーだけで

4~5時間くらいは余裕で大丈夫そうです。


バックカメラ側ですが、

こちらも配線は何もありません。



車ボディーのリア中央付近に

中古1400円スマホを

吸盤式ホルダーで固定してあるだけ。

こちらも充電すらしてません。

本体バッテリーだけで

4~5時間くらいは大丈夫そうです。


私の場合は、

コペンに毎日乗るわけでないので

フル充電後の中古スマホを

リアの吸盤式ホルダーに固定してドライブへ出かけるので、毎回ポン付けで問題ないです。



ただ、これが普通の常乗用車でしたら

毎日乗るわけですから

さすがにリア側は充電式にしてスマホ固定するのが望ましいでしょう。


というか、

車体パーツを分解して内部配線して

バックカメラを本格的に取付たほうが良い気もします。



しかし、世の中には趣味車と呼ばれる車の所持

あまり分解やら内部配線をしたくない。

ボディーに穴あけ加工はしたくない。

などの理由で、バックカメラを断念する場合があって

そんな人には、

安い中古スマホを利用して、

IPカメラ技術で

運転席のスマホへIPカメラ映像をWiFi接続にて映し出すやり方がオススメです。
コペンセロが納車されました。クリアブルークリスタルメタリックB63というカラーで、見た感じではメタリック粒子が細かい粒上というより平ったい感じのザラザラ感が控えめの塗料。



【写真、インプレッション】

白パールより青は撮影が楽と思う。ボディーの映り込みを楽しめる↑ホワイト系では絶対無理。
ボディーに映る、ワンポイントとなるその景色、、
それもまた車を撮るときの醍醐味。
その映り込みが嫌でホワイト系の色の車を買う人もいるだろう。PLフィルターを使えばいいだけの話だが、、


【testドライブ、インプレッション】 旧型コペンとの違いは

純正マフラーがスポーツマスラーみたいな音で気持ちよい
体感トルクは旧よりアップ ※カタログ値ではダウン
車高は高くなったけど、アイポイントは低くなった気もする
ドアの高さインパネの高さ、が上がってるので、相対的に自分の座る位置が沈んだように感じる錯覚
フットブレーキは噂ほどなく、踏み込み量に比例するブレーキ、4輪ディスクブレーキもこんな感じじゃなかったけな?


【内装】 セロ内装はわりとイケてる



ベージュ系、キャメルインテリアパックです。
センター赤パネルは、別注で頼みました。
ダッシュボードの焦げ茶赤パネル相性けっこいい。 ブラック&赤色インテリアパックよりいいかも!
赤フロアマットで、走る脈動感がありつつ、キャメル色の座席が落ち着き感を与え、一度に二度美味し感の味付け。

赤レッドばかりだと、落ち着かないし
赤レッドが無いと、物足りない。
この2つを両立した結果がコレです。



【リア編】



こうしてみると、旧型コペンの名残はある
コペンという車は、リア背後にこそ、こだわりの造形がされてるんだよね
旧型のときから、テールランプの構造までも、隅々までに美しさがある。



【ドラレコ編】

純正ドライブレコーダーをつけた↓720pで動画保存ができるけど、ちょっと暗め?コントラスト値も低い。
HDR方式レコーダー特有か、性能の悪さか、窓ガラス映り込みもあるのでPLフィルターが必要っぽい。


※ ↑YouTubeアップロードで、明るさ +2、コントラスト +1 ブログの明るさと同調のため



【イルミネーション編】

足元には、フロアイルミネーションを装備しており、黄色水色、白と7色から選べる。
昼は赤マットで赤く、夜はLEDでブルー色にすることもできる。やはり一度に二度美味し感の味付け。
旧型コペンは緑オンリー




【サイドミラーメッキ編】 ※インナーミラーもメッキ仕上げ



サイドミラーって車の耳だと思ってるんで、標準の黒色ミラーだと耳なしウサギみたいな気がする。
ボディー同色のミラーならいいけど、メッキもなかなかレトロ感がでてオヤG乗りには相性がいいです。



【あとがき編】

これはコペン乗りで、乗り換えや試乗をしないと絶対にわからない意外な相違点。 運転席から見えるボンネット形状が∩型から、M型になった



新型セロはヘッドライトあたりのボディーラインがもっこりと膨らんでる
運転席より、なだらかな∩_∩型ボディーラインが見えて官能的です。
セロはけっこうモコモコしたボディーラインをしてます。 旧型とは明らかに違う。


子供たちようの遊具、買いましたぁ


まず、子供が中に入って遊べるエアー式、ドーム型

プールとしても使えるよう。↓  ※楽天よりもAmazonのほうが安いです。1280円



そして車

ランボルギーニ乗用3

車は、子供玩具とは言えやはり高級品!

二人乗りランボルギーニ↑ 息子と娘が二人で乗ってる姿の写メを撮りたいのけど、さすがに高いな。


価格4万円 大量仕入れ特価らしく、Amazonよりも楽天が安い!



ドアが開くタイプのポルシェ。

塗装も本格的!


4万円

ポルシェ乗用
ポルシェ乗用2



↓うちはやっぱり、このグレードあたりで我慢

フェラーリ乗用

プラモデル製作の腕を生かして、購入後にカスタムしてかっこよく仕上げます。

塗装も自分でやろうと考えて白ボディーを

と思ったが

面倒なので既製品の赤レッドを選びました

お値段は 約1.5万~1.8万





セカンダリーカウント:
menu_title