上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世の中には、不思議なことがある。

怪奇現象、心霊現象などと

ほんとか嘘か、人はときに不思議なことに出ぐわす。


深夜も奥深く、

それは突然に


夜中に一人で仕事をしていると、

古いスピーカー切断されてるはずの、屋内防災専用スピーカー(天井あたりに付いてるやつ)

から、突然、空襲警報が鳴った。

音が鳴ったんじゃなく、喋り声の空襲警報だ。雑音混じりの危険を感じる警報連絡が鳴る。


驚いた。焦った。

まるで、テレビ番組ドラマの「シグナル」だったんだ。

タイムスリップしたのか?と、、

この話は、もう7年も前のことだ、、

こんな話、誰も信じなかった。

そりゃそうだ。目でみて線が切断されたスピーカーから警報が鳴るなんて、、


しかし、1回でなく3回ぐらい経験したのだ

3回もあれば、奇跡を通り越して確信的な事例である。

かならず理由がある。

そう!!

トラックドライバーの「違法無線」だ。

なんで、こんな記事を書いたのか?というと、最近、USBスピーカーから

テレビの「シグナル」みたいに空襲警報がしょっちゅう鳴る。

マイク付きUSBスピーカーなら

会話できそうな勢いでしっかりと喋る


この

トラックドライバーの「違法無線」は電波が強くて、電気機器を狂わる。

電気機器に奇々怪々な障害を起こす。

無線マウスや無線キーボードが一時的突然に動きがおかしくなるとか


ゴミスピーカーから空襲警報のような喋り声を出すなど、、

ほんと迷惑な、糞ドライバーども、、法を守れよバカタレ!


話を戻すと

心霊現象や、怪奇現象なんて、謎をとけばこんなもの

原理を知っていれば、なんてことない話

心霊写真なんか、カメラの理屈を知れば、笑い話、例えば「オーブ」ね笑


オーブは ホコリ+フラッシュ反射

ほとんどは空気中の「ホコリ」、レンズに付着のゴミかもしれんけど


心霊写真は、フォトショップ加工して作るか、カメラ原理による撮影結果か?どっちかしかない。

この世に不思議なんてない。

不思議なんてものは、調べれば、かならず答えにたどり着く。

カメラに詳しくなってからは心霊写真を見ると、ほんと笑えます。

写真が笑えるんじゃなく

心霊写真に書いてある解説が笑える。

よくもまあ、あんな嘘っぱち、と、御託を並べて書くものだ、、と笑えるのです。


しかし

宇宙人とかは 信じれるタイプです。

テレパシーだとか霊感だとか、、そういうものは信じれる。

テレパシーは、一種の、信号伝達の一種、それら仕組みであるからして、

虫や動物が、振動による周波数や、分泌物や、超音波、いろんな手段で、会話をするとしたら

人から見れば、テレパシーだし、


実際のところ、脳テレパシーも何らかの媒体や、エネルギーを通す、信号伝達だろう。

こっちの不思議系は、いわゆる知識の差から生まれる不思議系であって、人の理解を超えてるだけの話だ。



UFOを見れば、それは、姿と形と動きが人の理解を超えるから、人は

知りうる現代テクノロジーを超えるものを見て

怪奇現象!と思われがちだが

そんなものは、現代のスマホをサムライ戦国時代を生きる人達へ持っていき見せれば、怪奇現象だと言うのと同じで

100年前の人間にたいして

モバイル型の手のひらサイズの超小型プロジェクターはどうか?

サイコロみたいな装置から出る映像を、織田信長に見せていたら、日本はどうなったことか?

宇宙人「地球人と別の知的生命体」は、実際にいるかもしれないし、信じるに値するものだと言える。


話を戻すと

糞ドライバーたち 違法無線はやめろ!


スポンサーサイト
Microbit や Obniz を、ロボット工学を子供たちに教えるために

最近、いろいろ買ったのですが
命令は、
Google Home から声で命令して
それに応じた、ロボットを動かすブロックプログラムというのを教えるのに、


 Google Homeも買いました。

続き、まだ下書き中、、


家のパソコンが古くなり、そろそろ新しいWindowsパソコンを買おう思って
いろいろ検討し、スティックPCというのを見つけた。

最近流行りのテレビやモニタに挿して使うタイプもの。

ところが、購入レビューなど調べてみると
けっこう熱暴走するらしく、スティックPCはやめて
AndroidTVにキーボード&マウスを繋げて
パソコンの代わりにするという案を思い浮かる。

こんなやつ↓
 

↑この商品は、Android4.4ですが、探すといろんな商品があって

私が、買ったのはTX3 mini Android 7.1 で価格5,699円でした。 

スティックPCより安価で、
利用目的としては、通販ネットショップのアプリ利用や、ブラウザ利用、youtube鑑賞やAmazonビデオ、ブログ閲覧、Googleドライブ使ってワード作成やエクセル作成などできるので、十分にパソコンの代わりとして使えちゃいます。

余ってるHDMI対応のモニタへ繋ぐも良し
家庭用リビングテレビに繋いで使うも良し
さらには、プロジェクターに繋いで大画面4K画質で使うこともできます。

Windowsパソコンを買うよりも、
よっぽどこっちのほうがよいです。
何しろ安い。熱暴走もないし起動も早い。

さらに

アプリロックのアプリをGooglePlayからダウンロードしてインストールすれば
各アプリ単位で、パスワードロックができます。
例えば、通販アプリのみロック機能をかけてやれば、子供たちが不用意な注文することをありません。

AndroidTV けっこう良い買い物だったと思う。

家の照明器具をオールLED化+センサー感知化しました

心配なのはLED照明は壊れやすいことだね。


玄関、廊下、階段、トイレ、リビングのサブ照明は、人体感知センサーでオート化しました

寝る時や、夜中のトイレ起きなど、

自動的にライト照明が付くのは便利!!

そして、消し忘れの心配なし!


廊下や玄関、階段やトイレには、E26形の照明がついてる事が多いです。

白熱電球とかパナルックボールとか種類はあるけど、つまりE26形です。

人感センサー式は、2通りのタイプがあって

レーダー式
赤外線式」がある


レーダー式は、カバーあり照明器具にも使える

赤外線式は、カバーあり照明には使えない

レーダー式は、反応範囲が広すぎる
赤外線タイプは、反応範囲がちょっと物足りない
レーダー式、若干ながら勝手につくような誤動作っぽさがある
赤外線タイプは、反応が鈍いというか


両者とも、若干ながらは癖がある

人感センサー付きE26形電球はおおよそ1個1000円。
ふつうのE26白熱電球なら100円均一で売ってるけど
値段が10倍もして、消費電力は10分の1という、ほんとに節約なのか?? 疑問


階段のところは、人感センサーLEDバー形状「電球色」を使う。


ライト照明光源は目立たないほうがイイ

間接照明がイイ!

ホワイト壁に光りを当てて、明かりを広げる感じ

人が階段へ足を踏み込むタイミングでLED照明ライトアップがかかるのは、けっこうイイです。

fc2blog_20171123063516782.jpg 

ちなみに、猫でも反応する



リビングのとこは、サブ照明の引っ掛けシーリングを補助ライト人感オートセンサーに交換した。



プロジェクターで映画などを見る際に、真っ暗だと不便なので

暗い状況になると、自動で補助ライトが点灯する仕掛けがほしかったからです。

これで映画をイイ感じで見れる

fc2blog_20171123065838a6c.jpgx266 

人が動くと自動で、天井の右側サブ照明が点く。
fc2blog_20171123063454fdc.jpg

メイン照明を一番暗くしても、プロジェクター鑑賞には明るすぎる問題を、解消することができました



セカンダリーカウント:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
menu_title