とりま、完成した写真がこちら↓


子供が トムとジェリーを夢中になって見るので

トムとジェリー動画を

タント天井から吊り下げフリップモニターで運転中に連続再生する



車の運転中、子供がおとなしくなる。


そういうことで、フリップモニターをスマホで作ることにした


「自作フリップモニタの具材とレシピ」
まず、スマホ台座、↓100円均一もの



フリップ吊り下げ画面は、ピンク色の中古スマホのこれ↓ほぼ5インチ


私が購入した時は送料込み1300円でしたが、今は2000円!

中古スマホは、値段が常に変動しますから安いときに買う!


【DIYレシピ】

楽天中古スマホ 1300円~2000円 ※OSはAndroidOS2~4 前後ぐらい、※液晶5インチ前後のもの
MXPlayer、再生アプリ無料 ※車のエンジンスタートと同時に自動でトムとジェリーが再生されます。ここ重要!
スマホ固定スタンドは、100円均一で買う。
スマホ充電ケーブルは3m、200円~300円のもの
固定ネジ&ボルト、20円~30円 ※ホームセンターでバラ売り単品で買う。
----------------------
計:1620円~2430円となります。


車両にUSB端子がない場合は、これ↓を

シガーソケットUSB、急速充電

1500円前後ぐらいしますけど、AUKEYはすごくショートタイプで
シガーソケットに挿して、USB差込口が飛び出してこない。

※写真は、コペンのほうで、100円高い上位グレードLED付きUSB充電ソケットを買った。

タントに話を戻して。。


フリップ取付けするための加工、DIYらしい作業として

「穴あけ作業」がある。

スマホ固定スタンドの台座中央に穴を開ける。



タント、車両のほうは無加工にて 取付できます。
USB充電ケーブル隠蔽するのに、ルームランプ脱着やドア窓周辺のゴムをめくるぐらい程度


吊り下げの場所は

タント天井にある中央部分の止めピンを外すと、ピン穴があるので、


【中央を拡大写真】↓↓


ここへ、画びょう型ネジ、トラス小ネジを用意して※ホームセンターでバラ売りネジ1個、3円で売ってます。

1.ネジ頭を斜めにしながら、知恵の輪の原理で挿入する。

2.ネジ頭がピン穴に入ったら、垂直に下へ引っ張る。

3.ネジ頭はピン穴よりも大きいので
ネジはまっすぐ下に引っ張っても抜けません。

4.ネジを引っ張った状態で、
ナットやバネ台座等を取付けて、ネジを締め付け固定します。

これで、

スマホ台座固定するための骨組みは完了!



次に、

スマホスタンドの台座にドリルで穴を開けます。 ※ネジはM3x17mmぐらいのトラス小を使ってます。

穴は3mmぐらいを、ドリルの手ドライバーで穴あけ



こんな感じで、ネジが通る。

あとは、タント天井に取付けするだけ。

完了!






コペンのほうにも、バックカメラ兼ね・テレビ兼ね・ナビ兼ね・動画の再生モニターとして、
中古スマホを 取付け!
さらに、スマホナビを運転ハンドルボタンで操作するのに

ナビ専用の、Bluetooth接続リモコン↓をつけた。

ぱっと見て、どこに付いてるか?わからないでしょ。そこがイイ!



価格は、在庫の関係もありますが、4000円~6000円が相場ってところです。

商品ポイントは、簡単に

1.車内で後付感が目立たずに同化する
2.ハンドルのリモコンでスマホナビを操作できる
3.リモコン電池リチウム電池で毎日使っても1年もつ
   ということは、、一週間1度しか乗らない私の場合は、7年はもつね。

次回、また詳しく


最後はおつかれタイム。でエナジーどりんくジュース↓


砂糖入りソーダ缶ジュースと・レモン果汁100%数滴と・ブルーキュラソーシロップ↓で割って飲む。
※お酒でないようです↓深い青色のシロップ液でお菓子や料理にも使えそう。楽天で売ってました↓


スポンサーサイト


タントをさっそくDIYカスタムしました。

まず、納車されたときのデフォルトタント

まあこんな感じ






ネット通販で3000円のエプロンシート
※これは実はフロント座席用
それを、リアに取付、案外すんなりとサイズぴったしだった。


薄青のタントです。

兎に角、明るく暖色系にまとめました。

夜だとこんな感じです。

フロアライトは、LEDホワイトを選択しました。

寒色系の青色LEDは、どちらかと言うと嫌いなもので



それではDIYカスタム作業メニュー






青が嫌いといいつつ

けっきょく青LEDを車内に2箇所増設

一つは、車のフロントガラスの端っこ側



外に向けて青LED照射
※外にむけて!です。


なぜ?こんな事をしたのか?というと

リモコンで

離れた場所からエンジン始動したとき、

本当にエンジン始動したのか?

それを確認するための青LEDです。



我が家では、けっこう重要。

なぜなら、家の中とタント駐車場の距離がそこそこ離れており、

エンジン音だけでは

確認 判断するのが難しい。


まぁ「問題なくエンジンかかってる」と思えばそれで済むけど、

アンサーバックがないと、やはり不安です。

実際、操作ミスすると遠隔エンジンスタートは行われません。

リモートでの遠隔スタートは

「鍵キーの閉ボタンを1秒おきに3回押します
※3回目は長め」

この操作で、

遠隔リモートでエンジンを始動します。が

この操作をミスったのか?

成功したのか?
 がわからないんです。


夜ならばエンジン音が聞こえなくないけど
昼だと、かなり耳を澄まさないと聞こえない。

なので、

エンジンが始動すると

青LEDがつくようにカスタマイズしました。

これで、一目瞭然でエンジンがかかったことが視覚的にわかります。





ついでに、グローブボックスの中も青LEDで光らせて

夜でも、中が明るく光るようにしてます。

これらの電源は、ヒューズボックスのシガーソケット配線から電源取りをしています。

ボックスの開け閉め時に、線が絡まないように注意して配線。

ここまでやると

ほぼ業者取付と変わらんけどね。


けっこう面倒だったよ。

うちのタント、受注生産の対象車になってしまい

ひたすら待ち遠しいタント

日曜日にやっと納車です。


楽しみ

子供が喜びそうな仕掛けも入れといたし♪

暑い夏とか

寒い冬には

とても便利な、リモコンエンジンスタート付き

見積もり184万円に、3万円オプションを加えて

残価設定ローン利息が合計で約9万

なんだかんだで合計約200万

頭金103万円
5年間のローン支払額月々8,600円づつ、ボーナス支払いなし
5年後に約41万2千円一括支払いするか
5年後に、41万円支払わずに、また新車に乗り換え?プランループ




タントって高いよ。


セカンダリーカウント:
menu_title