この記事は、→新しい記事で完結編を書いてます。


ずいぶんブログ更新できなかったですが、実は2年に1度の大仕事のためブログ見る暇も書く暇もなかったです。

とりあえず、今ひと休憩のあいまに更新


今日はバックカメラ!

バックカメラ!って一度使うと超便利すぎて、これは車の必須アイテムだと思う。


バックカメラの使い方は基本的に、

直進バック時の終わりごろ「停車寸前」か
旋回しながら「曲がりながら」バック時は
 バックする前「車を動かす前の停車中」に障害物確認、目視では確認できない死角の人や物の確認
もしくは「バックを一時中断して停車時」のとき、障害物確認など

この3つの場面で使います。


つまりバックカメラを見る時は、車が止まっている時か、
車が動きながらみる際は、直進バック時のみという事になります。

この大原則を守ってバックカメラを使う場合に
バックカメラは、
死角を補う第3の目です。

第一が自分の目で
第二がミラーで
第三がバックカメラ

第一と第二で確認できないところを第三の目で確認する。
もともと無い第三のバックカメラは、無いよりもあるほうがより安全というわけです。


だから、バックカメラに過度な映像能力を求めたりそれを過信するのは間違ってます。
第二のミラーを超える映像の正確性をだす装置はこの世に存在しません。
ミラーは嘘を映さないし3D映像
映像能力も鮮明です。
電気的なトラブルもなければ、映像の延滞なども発生しません。
※その証拠に目が悪い人がミラーに映る映像をみても遠くのものは見えない。これがモニター映像だと遠くのものが見える。モニター映像はある意味で虚像というわけです。
※飛行機、船、戦闘機などの特殊な乗り物での理論を除く

バックカメラを第一の目に扱ってバックする人がいます。
そういう人は、車をぶつけます。
バックカメラは、3D空間の確認能力がとても弱いからです。

例えば、

車のミラーとミラーの高さの突起状の障害物「宙吊り棒」などの衝突確認は、バックカメラじゃ無理なんです。

これは人間の目と
ミラーだけが確認できるところなんです。
人間の目は特殊で2つの目と脳の3D映像化で、3D空間を把握して衝突を確認するので、バックカメラとは雲泥の差



ここまでを理解すると

バックカメラは100円均一の品質で十分だという事がおわかりいただけるでしょう。


本題に戻って

コペンにバックカメラを付けようと計画中
しかし、ボディー加工やパーツ脱着など改造を極力やりたくない!

まず無線式バックカメラですね。
これはすぐおもいつく。
しかし、電源の取り回しとかカメラ取付で、ボディー加工やパーツ脱着はやっぱり必要。


そこで

電源はカメラ自身がバッテリー駆動で
バッテリーは太陽ソーラー充電で
WiFiのIPカメラ無線式なんてどうだろう?
こんな事ができる商品といったら古くて不要になったスマホです。


なんか具体的になってきましたね。

車後ろスマホ <---> WiFiモバイルルータ <---> 運転席スマホ
後部スマホのカメラ映像を、 <---> 運転席スマホで反転画像で見る。
Wi-Fiで繋いでローカルIPダイレクト接続で反転映像を見るのでキャリアのパケット通信はしない。
※WiFiモバイルルータはキャリア契約してない解約後の不要になったWiFiルータでも十分です。
スマホ用の広角レンズもついでに取付すれば、もっとイイかもね。
すごくシンプル単純

このやり方は
ハッチバック車とか、ワゴン車とか
ほとんどの軽自動車なら、
後ろ窓へ、スマホを吸盤式で固定、窓に貼り付けて
ソーラー式のUSB給電をスマホへつなげておけば電源いらずのバックカメラ取付が完了!

超簡単でしょう!


バック映像の送信は、そういう映像アプリ系が無料でたくさんあります。
キーワードは「監視カメラ系」でアプリを探すとよいです。
Androidを例にすると「IPwebcam」というのがあります。
「IPwebcam」は映像送信系のアプリです。
私はiPhoneです。

バック映像の受信、運転席側スマホ「バックモニター」は、「監視カメラ系」のアプリで代用できます。
左右反転の機能がある監視カメラビューワのアプリを選ぶと良いです。
わたしはwebアプリで自作しますけど。


ぶっちゃげて

IP経由のネットワークでカメラ映像が送信できれば、なんでもOKでんす。
このやり方は、無線ワイヤレス式バックカメラ、スマホ利用とは「別物」です。
私の考案する超簡単バックカメラは
素人ができるポン付けバックカメラなんです。

無線ワイヤレス式バックカメラと似てますが、取付難易度はぜんぜん違います。

ほんとに超簡単。


↓こういうのは、どっちも電源の取り回しやカメラ取付にパーツ脱着や穴あけ等が必要です。
もし軽自動車や普通車も車の形によっては、映像線を無線化することで余計に手間が掛かる場合あります。

後部カメラと、車載モニタまでの線をワイヤレストランスミッターのみ


スマホをモニター代わりにするワイヤレストランスミッター系


これらの商品は、完全有線バックカメラよりも取付が簡単になる車は、
特殊な車で、
高級スポーツカーや
ダイハツコペンなどの電動オープンカーなど癖のある車にはオススメ商品です。





スポンサーサイト
最近、車の形したマウスを買いました。

ポルシェ風のマウス

ほどよい丸みで、手にフィット

普通のマウスとなんら変わらぬ感触↓



青LEDで光るヘッドライト


横からはこんな感じ↓



この、2枚の写真は、スマホで撮ってるけど

じつは写真の品質向上を施してる。

ブログにうpすると画像が圧縮されるので

その時点で汚くなるけど

オリジナル元データと、品質向上版の拡大写真を2つ載せます。
※オリジナルデータ比較なら、もっと差がわかる



【品質向上画像】 弱ノイズ除去→弱シャープ→弱ノイズ除去の順

【オリジナル】  ちょと汚ない


【品質向上画像】 弱ノイズ除去→弱シャープ→弱ノイズ除去

【オリジナル】  ちょと汚ない



どうやらデジカメってやつはイメージセンサーの違いもさることながら

画像処理エンジンも重要らしい

iPhoneで同じことをやってみたのが


デジカメのRAWソース画像を見たことないけど

カメラメーカーの

画像処理エンジンは

色の補正やら、平均化やら、ノイズ除去やら

けっこういろんな事をやって綺麗な写真をアウトプットしてるんだと思う。




次に、わざと露出アンダー撮影して画像処理の例

背景の白飛びを抑える効果

この構図を撮ってみればわかるはずけど、スマホ撮影でこれは上出来な仕上がり。

後ろはかなり強い日差しあり。

【品質向上】 シャドウ補正→弱ノイズ除去→弱シャープ→弱ノイズ除去、5S


光量差が極端なショット場は

そういう場で撮るときには

あとで補正するのを逆算した露出で撮るよう心掛けると良い写真が残せますね。







スマホ全般にいえることだろうけど

光量が平均的にあたってる場では

そういうショット場はわりと綺麗にとれる。

嫁、iPhone5Cで撮ったやつ1枚

【ちなみに無加工】、服が白飛び。アンダー気味に撮って画像処理すればだいぶ違う例。



たまには645Pro以外のアプリ、iPhone5SのProCameraで撮ってみました!
42mm~44mm 画角で
※iPhone5S以降は1.4~1.5倍ズーム
※iPhone5、5C以前は1.3~1.4ズームで撮影すると
いつもと違う写真が撮れるよ。


【iPhone5S, ProCamera, x1.5, 44mm, ISO80, ss1/4, シャドウ+0.66】


スマホ全般に同じことを言えると思うけど

昼、夜、室内、夜景

のシチュエーション

あらゆる場面で通用するテクニックとして

ISO感度を下げて

シャッター速度を遅く、明るく撮影するってのは

カメラ界の常識だろうけどさ


【iPhone5S, ProCamera, x1.5, 44mm, ISO80, ss1/4, シャドウ+0.66】

これは知ってるだろうか?

あえてシャッター速度を速くして暗めに撮影

ちょっと暗めの露出で撮影

ヒストグラムで言うと平均的な分布になってるのかもしれない

後から補正で戻すやり方

ついでに言えば、

晴天、屋外、明るさの確保されてる場所の撮影ならば

iPhone標準カメラってわりとその暗め側で撮影されてることにも気づいた。


【iPhone5S, ProCamera, x1.5, 44mm, ISO80, ss1/4, シャドウ+0.66】

↑ 3つの猫の写真は、

窓の街の灯りが綺麗に色が残ってるでしょう?



たとえば、↓このトヨタ2000GTは

レーシングホワイトという黄ばんだ紙のようなホワイトなんだけど

これを写真に撮るときに

トヨタ2000GTの色を忠実に撮ろうとすればするほど

周りが暗くなる。

周りの明るさを適正にしようとすれば

トヨタ2000GTが色が真っ白に飛ぶ!



【iPhone5S, ProCamera, x1.5, 43mm, ISO80, ss1/20, シャドウ+0.39】

そこで、レーシングホワイトの色が

最も忠実になるシャッター速度

ISOの最良値で写真をとって

周りの暗い部分をシャドウ値の補正で普通の明るさ戻すと、こういう写真になる。

見たままの色を忠実に、、


ちなみに、こんな小細工をしないで

苦労もなしに、見たまんまが撮れるのが

一眼レフや

コンデジなんだろうな、、?って

予想外


【Canon SX50HS, 35mm換算は不明33.157mm, ISO320, ss1/5, シャドウ+0.83】



マニュアル撮影モードで同じ方法で

やや暗く撮って

あとから同じシャドウ値の補正をかけたのに

F3.2の暗いレンズも相まってシャッター速度も遅いのもあって

あんまし、

いい写真にならなかったよ


なぜ?

コンデジはやっぱオート撮影かな?


ブログ更新がほとんどできなくて1ヶ月もサボっていたらしい。

職場の事務所を引越したので、いやぁ会社規模の引越しはすごく大変ですわ。

気を持ち直して!


iPhoneで超裏技カメラ撮り方を見つけましたよ!

必殺技 フィルム現像技とでもいいましょうか?


まあ

見て下さい。

1枚目、明るい窓を背景に暗い部屋の猫、現像タイプ↓


普通に撮ってみた感じだと↓


現像タイプは、猫ちゃんにこれだけの明るさを確保して

窓の街並みが写ってるのがポイント

HDRだとこう写らないのだ

HDRは、いかにも作った感がでるのでケースバイケースですね。

なんというか、一眼レフみたいに画素センサーが大きくなり色キャパが広くなった感じ。

この色キャパ現像具合はコンデジぐらいの画質と思う。



2枚目

これは有名な佐世保バーガーのカーヤにコペンでドライブしてきたときの写真

状況としては

コペンが建物の影になって暗かったです。



ボディー白を潰さずに

色立体感の色彩を残したまま

空の青をなるだけ潰さずに

の写真


HDRは使ってないです。

今回テーマは写真映像に残っている色キャパについての技となります。



3枚目

室内での白熱灯下での猫ちゃん+V50フィルム



ひときわ違う写真が撮れてると思う!




この裏技のやり方は、撮影時に暗く撮るのがポイントなんです。

フィルムネガみたいに原本写真はそのまま使えない映像データ

被写体が真っ黒だったり

やや暗めの写真を撮ってある。

映像情報として残す用途で撮影するのがポイント

このとき、暗い被写体にはそれなり色情報が残ってるようなんです。

iPhoneの場合は

明るい被写体は色が飛んで情報が消失しておりその色はもう取り戻せません。


しかし、黒いほうは意外と色情報が残ってます。

なので暗い映像をデータとして残しておき

撮ったあと一枚一枚、現像、、

それは、フィルム現像みたいにね。

映像データを調整して色情報を明るく戻してあげると、↑のような写真になる。



猫は真っ黒な状態でしたが、真っ黒に潰れた被写体にも色は残ってます。

大発見です。



iOS8からは写真の画質調整が標準で備わっていて

写真を表示して右上に「編集」をタッチすると調整モードになります。

暗い被写体の色情報を戻すのは

「ライト」項目の中の「シャドウ」

+方向に上げると、暗い被写体の色が戻る。

最近は、この技でばっかり撮っています。



最後は、空の雲を映像として残してかつ桃色バラを撮影↓



さすがに真っ黒に潰した写真から色を戻すとノイズがでる。






セカンダリーカウント:
menu_title