当ブログの管理人であるmikaの体験記、34歳頃に初めてクレジットカードを作りました。 きっかけはクレジット=借金カードでない仕組みを32歳でようやく理解したから。ところが、30歳で初めてはかなり曲者でどこの発行会社でも審査落ちでした。審査ゆるいといわれるOMCでも審査落ち。 最後はクレジットカードは諦めて藁をもすがるようにeBankマネーの偽ゴールドVISAを作ったことは今も忘れません。

さて、そんな私もある事に気づいてから簡単にクレジット審査に合格するようになりました。今は普通にゴールドカードが持ててます。
今回はその方法を紹介します。
 当時の私はクレジットヒストリーというのが真っ白でした。これが審査落ちの原因。30歳過ぎの賞味期限切れの独身でカードをこの歳まで一度も所持したこと無く。カード会社にとってはよっぽど危険人物にみえたのでしょうね。当時は審査落ちばかり。6ヶ月空けて申し込み等工夫をしても無駄。

ゴールカード2

 ある日、謎が解けますた。 ようするにカード会社との信用やコネそして繋がりがないのです。クレジットヒストリーがない真っ白な私はカード会社に自分を理解してもらうのにちと一工夫が必要です。そこで思いついたのが預金履歴です。
 口座履歴をカード会社の審査員が見てくれれば大丈夫そうな平人間である事は評価してくれるはず。そしてそれを審査条件にするのは銀行系クレジットカードです。そのはずだ!と考えました。さっそく試すと一発であっと言う間に審査合格。
 銀行系でクレジットヒストリーが出来てからは他の発行会社でも簡単にパスできるようになりました。

もしも私のように高年齢で初めてクレジットカード作って審査落ちするという人は、口座の収支が安定してる「貯蓄傾向にある」口座があってかつ長く付き合ってる銀行で、銀行系クレジットカードをまず作りましょう。銀行クレカができると不思議と他カード会社でも審査合格するようです。



 ↓ 良かったら応援クリックをぽちっとお願いします。↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄・節約へ

スポンサーサイト
ブラックカード

高級ステータスを漂わせるブラックカードなら買えない物はなにもないといわれるほど凄いらしいです!。 でも、そんな最高級カードでも、ほっか弁の会計でブラックカードを差し出しても「シャケ弁」すら買えない。 最強カードでさえも「しゃけ弁当」はやはり買えないのである。 場合によっては安っぽい紙のお店スタンプが貯まったポイント紙カードのほうがよっぽど最強だったりする。
 (;´Д`A ```
私はこんな超セレブカード持ってないのですが、クレカ愛好者としては、はやく日本全国すべてのお店やジュースの自動販売機さえもカード決済にが可能な世の中になって欲しいと思います。


セカンダリーカウント:
menu_title